「若い」と「幼い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「若い」と「幼い」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「若い」「幼い」の違いを分かりやすく説明していきます。

「若い」とは?

「若い」とは?

「若い」は、一般的に見て年齢が低いこと、または自分から相対的に見て年下だという意味で使われる言葉です。

また、その対象には年齢的にまだまだだという使い方もでき、「25歳以下の若い人だけで構成されたサークルだ」のような使い方では一番最初の解釈になり、「まだ30歳とは、俺より若いじゃないか」と使うと、基準となる自分より年齢が低いという意味になります。

最後の解釈は、「これも知らないとは、まだ若いな」などと用いられた時で、熟練度が低い、それほどに至っていないといった意味合いも含まれた使い方になります。

「幼い」とは?

「幼い」とは?

「幼い」は、年齢的に低いという意味と、子供だと解釈で使う言葉できます。

「幼いうちから英語を学んでいたと聞いた」と使った時には、前者の意味になり、おおよそ5歳やそこらから学んでいたのだと考えていいでしょう。

定義こそありませんが、こちらの意味の場合は一般的に10歳程度までのこととして使われる場合が多いと考えていいでしょう。

子供だという解釈では、「そんなゲームに夢中になっているとは、幼いねぇ」などと用いられます。

この使い方では、子供だねぇと言っているのと同じ意味なので、そう言い換えることもできます。

「若い」と「幼い」の違い

「若い」と「幼い」の違い

「若い」「幼い」の違いを、分かりやすく解説します。

年齢的な解釈では、「若い」の方が少し上までをカバーできる言葉になります。

10歳くらいであれば「幼い」と使えますが、15歳にもなると「若い」としないとおかしい表現になるので注意してください。

「若い」は、先のように相対的な使い方ができるので、60歳であっても、「まだまだ若いじゃないか」と言われることがあります。

「幼い」も、年齢を問わずに「子供みたいだ」という意味で使えると覚えておきましょう。

まとめ

まとめ

「若い」「幼い」は、このような違いのある言葉です。

特に「若い」は、色々な意味で使われるので、ビジネスでも色々な場面で見聞きするでしょう。