スポンサーリンク

「目まぐるしい」と「慌ただしい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「目まぐるしい」と「慌ただしい」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「目まぐるしい」「慌ただしい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「目まぐるしい」とは?

「目まぐるしい」とは?

「目まぐるしい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「目まぐるしい」「めまぐるしい」と読みます。

「目まぐるしい」「物の動きや変化が、追うことができないほど早いこと」という意味があります。

例えば、卓球の試合を見ていると、選手とボールの動きが早すぎて、目で追うことができないと感じるかもしれません。

このような時、「卓球選手同士の、目まぐるしいラリー」などと表現することができます。

また、野球のペナントレースが接戦で、順位が毎日のように入れ替わる場合、「順位が目まぐるしく入れ替わる」などと言うことができます。

また、田舎で暮らしている人が、東京の都心を訪れたとき、物や人が多く、さらに動きが早いため、「都心はめまぐるしく感じる」などと言うかもしれません。

「慌ただしい」とは?

「慌ただしい」とは?

「慌ただしい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「慌ただしい」「あわただしい」と読みます。

「慌ただしい」「物事をしようとして、しきりに急き立てられる様子」という意味があります。

また「落ち着きなくせわしない様子」という意味があります。

例えば、年末になると、忘年会があったり、年賀状を書いたり、大掃除をしたり、お正月の買い物をしたりと忙しくなります。

このような状況を「年末は何かと慌ただしい」とか「慌ただしい年の瀬」などと言い表すことができます。

また、仕事中にたくさんのタスクを同時進行するようなとき、「仕事が慌ただしいため、集中できない」などと感じるかもしれません。

また「慌ただしい」には、「状況の移り変わりが急で、一定しない様子」という意味があります。

例えば、経済界の移り変わりが急な様子を、「経済界の慌ただしい動き」などと表現することができます。

「目まぐるしい」と「慌ただしい」の違い

「目まぐるしい」と「慌ただしい」の違い

「目まぐるしい」「慌ただしい」の違いを、分かりやすく解説します。

「目まぐるしい」「物の動きや変化が、追うことができないほど早いこと」という意味があります。

次に「慌ただしい」「物事をしようとして、しきりに急き立てられる様子」、また「落ち着きなくせわしない様子」という意味があります。

どちらも、ついて行くのが大変な状況を意味している言葉になります。

ただし、「目まぐるしい」という場合は、状況の変化に対して、ついて行くのが大変という意味がありますが、「慌ただしい」という場合は、忙しくて大変だというニュアンスがあります。

このように、ついて行くのが大変なとき、「変化」が大変な場合は「目まぐるしい」を、「忙しさ」が大変な場合は「慌ただしい」を使うようにしてみましょう。

まとめ

まとめ

「目まぐるしい」「慌ただしい」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、ニュアンスの違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知り、使い分けていきましょう。