「単価」と「価格」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「単価」と「価格」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「単価」「価格」の違いを分かりやすく説明していきます。

「単価」とは?

「単価」とは、1つ当たりの値段という意味になります。

例えば、商売の仕入れで同じ商品30個で1箱という単位になっており、その箱当たり12000円だった場合には、この「単価」は400円になります。

経理処理では「@」(アットマーク)を使って表現し、上の場合は「仕入れ代金12000円(@400円)」のような記載になります。

これで、1つ当たりが400円で合計してそれを12000円分仕入れたと分かり、現在ではメールアドレスやSNSで固有の名前に相当する部分と分かるように使われている「@」ですが、こういった使い方もあると覚えておいてください。

むしろ、ネットやメールなどが流行る前は、このようにしか使わなかった記号です。

「価格」とは?

「価格」は、「値段」の言い換え表現です。

同じ意味なので、どちらを使っても構いませんが、「価格」の方が多少畏まった表現になり、堅い文章で用いる時にはそちらの方が合っている場合が多いです。

「値段は○○円になります」より、「価格は○○円になります」の方が締まった形になり、公的な文章ではまず「価格」の方が使われます。

「値段」の方は、「お値段はいくら?」のように口語で使うのに向いている言葉で、この「お」を付けた用い方は「価格」ではすることはありません。

「単価」と「価格」の違い

「単価」「価格」の違いを、分かりやすく解説します。

「単価」は1つ当たりの「価格」のことだと覚えると分かりやすいでしょう。

「40個で12000円という価格設定だと、単価は400円になる」などと一緒に使われることも多く、特にビジネスではあまり「値段」とは用いない為、これらの言葉が盛んに使われています。

まとめ

「単価」「価格」は、このような違いになります。

テレビや冷蔵庫など、比較的大きな対象にはあまり「単価」と使うことはありません。