「忠告」と「警告」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「忠告」と「警告」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「忠告」「警告」は似たような意味を連想させる紛らわしい言葉ですが、「忠告」「警告」の意味・使い方の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「忠告」「警告」の違いを分かりやすく解説します。

「忠告」の意味や使い方

「忠告」という表現は、「相手のために真心を込めて欠点・短所・問題などを指摘すること」「相手のために短所・問題点を指摘して改めるように言うことやその言葉」を意味しています。

「忠告」の表現の使い方は、「彼女は私の忠告を聞き入れませんでした」のように、「相手のためを思って短所・問題点を指摘して改善するようにいう言葉」を意味して使う使い方になります。

「警告」の意味や使い方

「警告」という表現は、「良くないことや危険なことが起こりそうな時に、前もって知らせて注意すること」「柔道競技において反則をした場合に、技ありと同等になるもの」を意味しています。

「警告」の表現の使い方は、「落石に気をつけるようにという警告表示が出ています」のように、「悪いことが起こりそうな時に事前に注意する」という意味で使うことになります。

「忠告」と「警告」の違い

「忠告」「警告」の意味の違いを、分かりやすく説明します。

「忠告」という言葉は、「相手のためを思って、欠点・短所などを真心を込めて指摘したりそれを改めるように言うこと」「相手のために、あえて問題点を指摘する言葉」を意味しています。

それに対して、「警告」というのは「悪いことや危険なことが起こりそうなので、あらかじめ知らせて注意すること」を意味しているという違いがあります。

「忠告」の言葉は「相手のためにその人の欠点・短所・問題を教えて改めるように言うこと」に意味の重点がありますが、「警告」の言葉は「良くないこと・危険なことを回避できるように前もって告げて注意すること」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

「忠告」を使った例文と意味を解釈

「忠告」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「今のままのやる気がない勤務態度では、あなたの評価が大きく下がってしまうという忠告をしました」

この「忠告」を使った例文は、「忠告」の表現を、「あなたの評価が大きく下がってしまうという指摘をして問題点を改めるように言いました」という意味で使っています。

「警告」を使った例文と意味を解釈

「警告」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「自動車の右のヘッドライトが切れかかっているので、ライトを交換するように警告しました」

この「警告」を使った例文は、「警告」の表現を、「危険回避のため、切れかかっているライトを交換するように注意した」という意味を持つ文脈で使っています。

まとめ

「忠告」「警告」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「忠告」というのは、「相手のために欠点・短所などを指摘して改めるように言うことやその言葉」を意味しています。

それに対して、「警告」という表現は「悪いことや危険なことが起こらないようにあらかじめ注意すること」の意味を持っています。

「忠告」「警告」の意味の違いを調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。