「納品物」と「提出物」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「納品物」と「提出物」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「納品物」「提出物」は類似した意味を連想させる紛らわしい言葉ですが、「納品物」「提出物」の意味・使い方の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「納品物」「提出物」の違いを分かりやすく解説します。

「納品物」とは?

「納品物(のうひんぶつ)」という表現は、「業者・ワーカーが、買い手(クライアント)から代金を受け取って納めた成果物・商品」のことを意味しています。

「納品物」というのは「代金(対価)を受け取る仕事の成果として納品された物・商品」を意味している言葉であり、「納品物」「お金を支払う売買契約・商取引」と切り離せない関係にあります。

「提出物」とは?

「提出物(ていしゅつぶつ)」という表現は、「課題・宿題・仕事をやり終えてから差し出した成果物・書類・作品など」を意味しています。

「提出物」というのは「特定の場所・相手に差し出した成果物(書類・資料・作品)」を意味している言葉であり、「提出物」「代金(対価)の支払いが関係する商取引」とは直接の関係がありません。

「納品物」と「提出物」の違い!

「納品物」「提出物」の違いを、分かりやすく解説します。

「納品物」という言葉は、「業者・働き手が、買い手(依頼者)から代金を受け取る代わりに納品した成果物・商品」のことを意味しています。

それに対して、「提出物」というのは「課題・仕事として、ある場所(ある相手)に差し出した成果物・書類・作品など」のことを意味しているという違いがあります。

「納品物」「売買契約の結果として納められた品物・成果物」に意味の重点がありますが、「提出物」「代金(お金)のやりとりとは関係なく、課題・宿題・仕事の成果として差し出した物」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

まとめ

「納品物」「提出物」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「納品物」というのは、「業者(労働者)が対価・代金を受け取る代わりに納めた成果物・品物」のことを意味しています。

それに対して、「提出物」という表現は「課題や仕事として、ある場所(ある相手)に差し出した書類・資料・成果物」を意味しています。

「納品物」「提出物」の意味の違いを調べたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。