「ミキサー」と「フードプロセッサー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミキサー」と「フードプロセッサー」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どのご家庭でもキッチンに「ミサキー」「フードプロセッサー」が用意されているかと思います。

しかし、この2つの製品の違いを正しく説明できる人が意外に少ないかもしれません。

そこでここでは、「ミサキー」「フードプロセッサー」がどんなものなのか、どんな役割を果たしているのかを見て行くことにします。

「ミキサー」とは?

「ミキサー」とは?

「ミキサー」とは、「台所用品の1つで、刃物は回転することで、果物や野菜を粉砕してジューズ状の液汁にするもの」です。

いわゆる「食材を粉砕したり攪拌するために調理器具」となります。

この「ミキサー」「粉砕用」「攪拌用」がありますが、日本で言う「ミキサー」は、「電気ミキサー」として電気機械器具品質表示規程で定められています。

尚、この調理器具としての「ミキサー」の他に「コンクリートを製造するためのセメントや砂利などをかきまぜる機械」「音楽の音源ソースの切替装置」でも使われることがあります。

「フードプロセッサー」とは?

「フードプロセッサー」とは?

「フードプロセッサー」は、「モーターを動力として刃の回転させながら、そこに入れた食材を切り刻んだり、混ぜる調理器具」のことを指しています。

「ミキサー」と「フードプロセッサー」の違い!

「ミキサー」と「フードプロセッサー」の違い!

では、「ミキサー」「フードプロセッサー」では、どんな違いがあるのでしょうか?

「ミキサー」は、「果物や野菜を細かく切り刻むと同時にかき回して、ジュースやスムージーなどを作る機器」です。

食材をそのまま用えるミキサーは、健康を気にする人達がよく使っています。

しかし、「ミキサー」は刃の交換ができないので食材を混ぜて液体にすることを重点にした器具です。

「フードプロセッサー」は刃の交換ができ、「ミキサー」と比べて、多少、果肉などは粗くなったりしますが、野菜や果物の食感を残したまま味わうことができます。

離乳食や煮込み料理など料理にも使える点が「ミキサー」と異なる点です。

但し、「ミキサー」「フードプロセッサー」の両方ともキッチンに揃えるのはコスト的に大変かもしれません。

その場合は、「フードプロセッサー」を購入すると、「ミキサー」の代用にもなります。

まとめ

まとめ

最近は、スムージーなどが人気ですが、これらのフードを作る時に欠かすことができないのは、「フードプロセッサー」や」「ミキサー」です。

これを機に2つの使い方をもう1度、見つめ直してみるといいかもしれません。