スポンサーリンク

「管理組合」と「自治会」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「管理組合」と「自治会」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「管理組合」「自治体」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「管理組合」とは?

「管理組合」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「管理組合」は、「かんりくみあい」と読みます。

「管理組合」は、「マンションなどの区分所有建物で、建物と敷地、付属施設の管理を行うため、区分所有者全員で組織する団体のこと」という意味があります。

例えば、分譲マンションを購入した人たちで、マンションの管理などを行うため、組織する団体のことを「管理組合」と言います。

「管理組合」には、最低でも年に一度総会を開き、予算案の作成などを話し合い、管理に関連する計画を立てること、また理事を選抜して実際の管理運営業務を行うなどという決まりがあります。

例えば、「管理組合」の集まりで、理事に選出されることがあるかもしれません。

このような立場に立つのが嫌いな人は、「管理組合の理事をすることになり気が重い」などと自分の心情を表現することができます。

また、自分が住むマンションの「管理組合」の会合があるため、会社帰りに出席しなければならない場合は、「管理組合の集まりがあるため、飲みに行けない」などという文章にできます。

「自治体」とは?

「自治体」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「自治体」「じちたい」と読みます。

「自治体」は、「国家から自治の権能を認められた公共の団体」という意味があります。

「地方公共団体」のことを意味する言葉でもあります。

この場合は、「国の領土の一定の地域を起訴として、その地域内の住民を構成員として行政を行うため、国から与えられた自治権を行使する団体」という意味があります。

具体的には、都道府県、市町村などがあります。

例えば、「自治体」によっては、成人式をテーマパークでする場合があります。

このようなときは、「成人式をテーマパークで行う自治体がうらやましい」などという文章にできます。

また、都道府県や市町村のトップを選挙によって決める場合は、「自治体の長を選挙によって決める」などという文章を作ることができます。

さらに、「運営費は自治体負担のため、稼働していない施設が多い」などという文章を作ることもできます。

「管理組合」と「自治体」の違い

「管理組合」「自治体」の違いを、分かりやすく解説します。

「管理組合」は、分譲マンションなどの住居者が、建物や敷地を管理するための団体を意味する言葉になります。

一方で「自治体」は、市区町村などの、国から自治の権能を認められた団体のことを意味するという違いがあります。

マンション管理などを話し合う団体を「管理組合」と呼び、市区町村の自治を行う公共の団体を「自治体」と呼ぶようにしましょう。

まとめ

「管理組合」「自治体」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物