スポンサーリンク

「current」と「present」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「current」と「present」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「current」「present」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「current」とは?

「current」の意味は以下の通りです。

1つ目は「今の」「現時点の」という意味で、今見たり聞いたりできる最も新しいもののことです。

2つ目は「現代の」という意味で、昔のことと比較して今の時代で行われていることや使われていることです。

3つ目は「現在流通している」という意味で、今丁度流行っていたり知られているもののことです。

4つ目は「効力がある」という意味で、現在通用するもののことです。

上記に共通するのは「現在のもの」という意味です。

「current」の使い方

「current」は形容詞として使われたり、名詞として「流れ」「水流」「傾向」「気流」などの意味で使われたり、副詞形は「currently」になり、「目下」「現在」「一般に」という意味があります。

基本的に、今の時点で最新の状態のことや、現在出回っている様子に使われる言葉です。

「present」とは?

「present」の意味は以下の通りです。

1つ目は「出席している」という意味で、現在その場に居合わせている様子のことです。

2つ目は「ある物が存在している」という意味で、特性などがそこにある様子のことです。

3つ目は「今起こっている」という意味で、現在その様な状況であることです。

4つ目は「心に浮かんでいる」という意味で、心の中に存在する思いのことです。

5つ目は「the present tense」として「文法の現在形」という意味で、過去形は「past tense」、未来形は「future tense」になります。

上記に共通するのは「今そこに存在している」という意味です。

「present」の使い方

「present」は形容詞として使われたり、名詞として「現在」「今」「現在形」などの意味で使われます。

同じ綴りでも、「贈り物」「プレゼント」という意味の単語とは全く違う言葉です。

基本的に、現在その場にあることや、ある場所に出席していること使われる言葉です。

「current」と「present」の違い

「current」「今の時点で最新の状態のこと」「現在出回っている様子」という意味です。

「present」「現在その場にあること」「ある場所に出席していること」という意味です。

「current」の例文

・『This is the statement of current month. 』
(これが当月の精算書です)
・『He is current President of our company. 』
(彼は弊社の現在の社長です)

「present」の例文

・『This is the present system. 』
(これが現在のシステムです)
・『At present, there is no problem here. 』
(現在のところこちらは問題ありません)

まとめ

今回は「current」「present」について紹介しました。

「current」「最新の」「present」「現在そこにある」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物