スポンサーリンク

「かき氷」と「フラッペ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「かき氷」と「フラッペ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「かき氷」「フラッペ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「かき氷」とは?

「かき氷」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「かき氷」は、「かきごおり」と読みます。

「かき氷」「氷を砕いたもの。

ぶっかき。

かちわり」
という意味があります。

夏の高校野球が甲子園球場で開催されるとき、氷を砕いた「かちわり」を、観客が口にしている姿が見られます。

この「かちわり」「かき氷」の一種になります。

次に「かき氷」には、「氷を細かく削って、蜜やシロップなどをかけたもの」という意味があります。

一般的に「かき氷」は、こちらの意味で使われています。

天然の氷を使った本格的な「かき氷」が、自然豊かな観光地などで名物になっていることがあります。

また、近年は「かき氷ブーム」となっていて、1000円以上する高額な「かき氷」が人気となっています。

一方、夏祭りなどで振舞われる、500円もしない「かき氷」もあれば、自宅で食べる自家製「かき氷」もあります。

「フラッペ」とは?

「フラッペ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「フラッペ」「frappe」とフランス語表記します。

「フラッペ」は、「氷を細かく砕いて、洋酒やシロップをかけたもの」という意味があります。

ちなみにフランス語「フラッペ」には、「氷でよく冷やした」という意味があります。

この場合の「フラッペ」はいわゆる「かき氷」と同じ意味になります。

また、「フラッペ」には「かき氷の上に、アイスクリームや果物などを乗せた冷菓」という意味があります。

「かき氷」は、砕いた氷が主役ですが、氷よりも上に載っているアイスクリームやフルーツが目立つようなものに対して、「フラッペ」と呼ぶことがあります。

また、コンビニで販売されている、フローズンドリンクなどの商品名に「フラッペ」と名前が付いているものもあります。

「かき氷」と「フラッペ」の違い

「かき氷」「フラッペ」の違いを、分かりやすく解説します。

「かき氷」には、「氷を細かく削って、蜜やシロップなどをかけたもの」という意味があります。

一方で「フラッペ」は、「氷を細かく砕いて、洋酒やシロップをかけたもの」という意味があります。

このように、「かき氷」「フラッペ」には、ほとんど同じ意味があり、同義語と言うこともできます。

ただし、「かき氷」は日本語なのに対して、「フラッペ」はそもそもフランス語という違いがあります。

また、「かき氷」は、氷を砕いたものにシロップなどをかけた冷菓を指す言葉ですが、「フラッペ」は、アイスクリームやフルーツを目立つように載せたり、フローズンドリンクを指すことがあるという違いもあります。

まとめ

「かき氷」「フラッペ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物