スポンサーリンク

ゴルフ用語の「ドロー」と「フェード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴルフ用語の「ドロー」と「フェード」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ゴルフ用語「ドロー」「フェード」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ドロー」とは?

「ドロー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ドロー」は、「draw」と読みます。

「ドロー」は、正式には「ドローボール」と呼びます。

「ドロー」には、「ゴルフで、打球が落下直前に失速して、打者の利き腕の反対側にわずかに曲がること」という意味があります。

そのため、右利きのゴルファーが打った打球の場合は、左にわずかに曲がることになります。

例えば、ホールの右側に、池がある場合があります。

この場合は、打球が右に曲がると、ボールが生けに落ちてペナルティを取られてしまうリスクがあります。

このような場面で、安全策として、「ドロー」を打つという選択肢があります。

この場面は、「右側に池があるため、避けるよう、ドローを打つことにする」などという文章にできます。

また、狙って打ったわけではなく、結果的に、打球が利き腕と反対側にわずかに曲がった場合は、「狙いとは違うが、見事なドローだった」などという文章にできます。

「フェード」とは?

「フェード」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「フェード」「fade」と英語表記します。

「フェード」は、正式には「フェードボール」と呼びます。

「フェード」には、「打球が落下直前に速度を失って、打者の利き腕の側へわずかに曲がること」という意味があります。

例えば、利き腕と反対側に、池やOB杭がある場合は、絶対に利き腕の反対方向にボールを曲げないほうがいいと思うのではないでしょうか。

このようなホールでは安全のために「フェード」を選択するかもしれません。

そのため「利き腕の反対側にあるOB杭を超えないよう、フェードを打つことにする」などという文章にできます。

「ドロー」と「フェード」の違い

「ドロー」「フェード」の違いを、分かりやすく解説します。

「ドロー」には、「ゴルフで、打球が落下直前に失速して、打者の利き腕の反対側にわずかに曲がること」という意味があります。

一方「フェード」には、「打球が落下直前に速度を失って、打者の利き腕の側へわずかに曲がること」という意味があります。

このように、どちらも打球について意味する言葉という共通点があります。

ただし、「ドロー」は利き腕の反対に曲がる打球を意味するのに対して、「フェード」は利き腕側に曲がる打球を意味するという違いがあります。

このように、ゴルフでショットを打った時、利き腕と反対側に曲がった場合は「ドロー」と呼び、利き腕方向に曲がった場合は、「フェード」と呼ぶようにしましょう。

まとめ

「ドロー」「フェード」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、ゴルフをするときに、役立てられるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物