スポンサーリンク

「プレッシャー」と「ストレス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プレッシャー」と「ストレス」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プレッシャー」「ストレス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プレッシャー」とは?

圧力という意味です。

特に精神的に押しつぶされそうなことをいいます。

ピアノの発表会のことで考えてみます。

この人を仮にAさんとします。

Aさんはピアノの発表会に参加するのが初めてです。

他の人が演奏している様子を見たことはありすが、実際に自分が舞台に立つのは初めてなので、どのような様子なのかがわかりません。

わからないことがあると不安になります。

Aさんの母親は非常に厳しく、発表会で少しでもミスをすることを許しません。

一つ音を間違えたり、ワンテンポ遅れたりするだけでもダメです。

Aさんに対して「絶対失敗をしてはいけない。

完璧にひきなさい」
といいます。

この言葉を聞いたAさんは、絶対に間違えてはいけないのだという圧力を感じました。

精神的に押しつぶされてしまいそうです。

そのときのAさんの心の状態がこの言葉が意味するものです。

他の人から期待されていたり、そうしないといけない状態だったりすると、この言葉が指す状態になることがあります。

また、自分で自分を追い込んでしまい、この状態になることもあります。

「プレッシャー」の使い方

圧力という意味で使用をします。

特に精神的なものをいいます。

「ストレス」とは?

何らかの刺激を受けたときの緊張状態のことです。

精神的な緊張状態と生体の反応とがあります。

何らかの刺激とは、たとえば寒さ、暑さ、騒音、空腹、眠気などです。

この他にも、職場で人間関係がうまくいっていない、将来のことが不安だといった心理的なもの、仕事が忙しいなど社会的なものなどもあります。

どういったものに対して「ストレス」を感じるのか、またどの程度の強さ感じるのかは人それぞれ異なります。

まあ仕方がないと思えるような小さなものから、病気になってしまうような大きなものまであるのです。

この状態になると体に何らかの変化が見られることがあります。

たとえば、食欲が落ちる、眠れないなどです。

変化を感じたら早めに対処することが、不調を大きくしないために大切です。

「ストレス」の使い方

何らかの刺激に対しての精神的な緊張や生体の反応を指して使用する言葉です。

「プレッシャー」と「ストレス」の違い

前者は圧力のことで、精神的なことについていうと心が押しつぶされそうな状態をいいます。

後者は刺激に対しての緊張状態や生体反応のことです。

「プレッシャー」の例文

・『プレッシャーをかけられる』
・『プレッシャーをはねのける』
・『プレッシャーを与える』
・『プレッシャーに押しつぶされそうだ』

「ストレス」の例文

・『強いストレスを感じる』
・『ストレス軽減のために運動をする』
・『眠ってストレスを解消する』
・『ストレスの少ない生活』

まとめ

似たような状況に使われる2つの言葉ですが、一方は圧力、もう一方は緊張状態や生体の反応のことで、それぞれ意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物