スポンサーリンク

「安い卵」と「高い卵」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「安い卵」と「高い卵」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「安い卵」「高い卵」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「安い卵」とは?

価格の低い鶏卵のことです。

卵とは、鳥や魚などが産む殻に包まれた丸や楕円形のもののことですが、ここでいう卵は主に鶏が産むものと指しています。

スーパーなどに行くと、さまざまな販売元の卵が置かれています。

価格は100円程度から300円程度までさまざまです。

一般的なスーパーではあまり見かけることはありませんが、1個500円ほどするものもあります。

この価格の違いは飼育方法によるものです。

一般的には栄養素を考えて作られた配合飼料を与えています。

これは大量生産することができ、価格が低めです。

こういった飼料を与えているとコストを削減でき、その分卵の価格を低く抑えることができます。

一般的には、鶏は狭い鶏舎の中で飼育されています。

動くことができないような狭さです。

そして、卵の回収やエサやりなどは機械が行っています。

これなら人件費を削減でき、その分卵の価格を抑えることができます。

与えるエサや飼育方法は卵の味に影響を与えます。

栄養が十分でなかったり、鶏にストレスがかかっていたりすると、味はそれなりのものです。

「安い卵」の使い方

鶏が産む卵で価格が低いものを指して使用する言葉です。

いくらなら安いといえるのかはっきりした定義はありませんが、1パック10個入りで100円ほどのものはこれにあてはまります。

「高い卵」とは?

価格の高い鶏卵のことです。

ここでいう卵は主に鶏卵を指しています。

与えるエサにコストをかけていると、卵の価格に反映されます。

どういったエサを与えているかは農場によって異なりますが、「高い卵」の場合、農場が独自に飼料を配合していることが珍しくありません。

また、その質にもこだわっており、無農薬のものを与えていることもあります。

鶏のストレスをできるだけ減らすために、広い鶏舎を使用していることも珍しくありません。

鶏たちは自由に動き回ることができます。

鶏が動ける広いスペースが必要なため、その分土地を確保しなければなりません。

また、ぎゅうぎゅう詰めにする場合に比べて、飼育できる数が少なくなります。

こういったことが価格に反映されています。

「高い卵」の使い方

鶏が産む卵で価格が高いものを指して使用する言葉です。

いくら以上ならこの名で呼べるのかはっきりした定義はありません。

「安い卵」と「高い卵」の違い

価格が違います。

価格の違いは、与えているエサや飼育方法によるものです。

「安い卵」の例文

・『安い卵で卵かけご飯を作る』
・『安い卵を大量買いする』
・『安い卵を毎日料理に使う』
・『安い卵を買いに出かける』

「高い卵」の例文

・『高い卵を知人からもらった』
・『高い卵を使ったチャーハン』
・『高い卵はたまに食べる』
・『1パック1000円する高い卵』

まとめ

2つのものは価格が違い、価格の違いはエサや飼育方法の違いによるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物