スポンサーリンク

「晴れ着」と「振袖」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「晴れ着」と「振袖」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「晴れ着」「振袖」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「晴れ着」とは?

「晴れ着」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「晴れ着」は、「はれぎ」と読みます。

「晴れ着」は、「表立った場面で着る、晴れやかな衣服」という意味があります。

例えば、人生で最初に表立った場面で、晴れやかな衣服を着る場面と言えば、七五三かもしれません。

親が子供に晴れやかな衣服を着せて、神社にお参りに行く場面は、「七五三の場面で、子供に晴れ着を着せて、神社にお参りに行く」などという文章にできます。

また、成人式は、特に女性が晴れやかな衣服を着て出かける代表的な場所かもしれません。

事前に着物をレンタルし、成人式に出席する場面では、「晴れ着を着て、成人式に出かける」などという文章を作ることができます。

さらに、成人式に着る着物が、祖母から贈られたものだという場合は、「祖母から贈られた晴れ着を着て、成人式に出かけた」などという文章にできます。

「振袖」とは?

「振袖」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「振袖」「ふりそで」と読みます。

「振袖」は、「丈の長い袖。

その袖のついた、未婚女性の礼装用長着」
という意味があります。

かつて「振袖」は、元服前の男女が用いたと言われていますが、現在は、未婚の女性が着る着物という意味があります。

例えば、成人式の日に、両親から丈の長い袖がついた着物を作ってもらう女性がいるかもしれません。

この場合は、「両親が用意してくれた振袖を着て、成人式に向かう」などという文章を作ることができます。

また、結婚はしていないものの、40代になると、未婚女性の象徴である、丈の長い袖つきの着物を着るのに抵抗が出るという人もいるかもしれません。

この場合は、「未婚とはいえ、40代で振袖を着るのには抵抗がある」などという文章にできます。

「晴れ着」と「振袖」の違い

「晴れ着」「振袖」の違いを、分かりやすく解説します。

「晴れ着」は、「表立った場面で着る、晴れやかな衣服」という意味があります。

一方で、「振袖」は、「丈の長い袖。

その袖のついた、未婚女性の礼装用長着」
という意味があります。

このように、「晴れ着」は、「晴れやかな衣服」を意味し、「振袖」は、「丈の長い袖つきの着物」を意味するという違いがあります。

七五三や成人式、または友人の結婚式などで、未婚女性が着る服は、「晴れ着」でもあり、「振袖」でもあることが多いため、どちらの言葉を使っても問題ない場合が少なくありません。

ただし、七五三や成人式で、晴れやかな衣服ではあるものの、スーツなどを着る場合があるため、「晴れ着」「振袖」を使いわける必要があります。

まとめ

「晴れ着」「振袖」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知り、きちんと使い分けることができるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物