スポンサーリンク

「仲間」と「友達」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仲間」と「友達」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「仲間」「友達」は、同じだと思っていいのか。

この記事では、「仲間」「友達」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仲間」とは?

「仲間」とは、ものごとを一緒に行う間柄を意味します。

趣味や仕事、勉強など同じことを一緒に行う人同士が「仲間」となるほか、地位や職業などが同じ人同士も「仲間」と言います。

また、同じ種類や同業種同士も「仲間」と表現します。

何か同じ目的や同じ業種、同類といった「同じ」を基準とするもの同士が「仲間」なのです。

言い換えれば、「同士」「相棒」「伴侶」「同僚」「メンバー」「グループ」などと同じです。

「仲間」の使い方

「仲間」には、どんな「仲間」なのかを表す言葉がたくさんあります。

「飲み仲間」「仕事仲間」「オオカミの仲間」などといった形で用います。

また、「仲間意識」「仲間同士」「仲間はずれ」「仲間割れ」などといった言葉もあります。

「友達」とは?

「友達」の関係とは、互いに心を許し合い、対等に付き合うことができるものとなります。

一緒にいるだけで楽しい、話しているだけで楽しい、困った時に助け合うことができる、そのような関係性が「友達」です。

常に一緒にいる必要はなく、心が通じ合っていれば、それは「友達」です。

言い換えれば、「友人」「仲良し」「味方」「馴染み」などと同じです。

「友達」の使い方

「友達」には、どんな「友達」なのかを表す言葉がたくさんあります。

「学校の友達」「メール友達」「男友達」「女友達」などです。

また、「友達作り」「友達付き合い」などと言った形で用いられます。

「仲間」と「友達」の違い

「仲間」「友達」との関係性には、少し違いがあります。

「仲間」は、同じ目的を持っている同士で助け合う関係性にあります。

それに対し、「友達」は、一緒にいると楽しい関係性にあります。

「仲間」の場合、相性の良さなどは関係なく、とにかく、同じ種類や同じ目的などを持ち、助け合う関係性であれば「仲間」になることができますが、「友達」の場合は、相性がよく一緒にいるだけで楽しいと思えなければ「友達」にはなれません。

「仲間」の例文

・『子供の頃、親友をなぜ、仲間割れにしてしまったのか今でも考えることがあります』
・『久しぶりに学生時代の飲み仲間で集まることができました』
・『新しく仲間入りしてきた女性に一目ぼれしてしまいました』
・『良い職場の仲間に恵まれ幸せです』

「友達」の例文

・『久しぶりに地元の友達に会いました』
・『子供が小学生になったころ、上手く友達作りができるか心配でした』
・『私の友達は、本当にいい子ばかりです』
・『新しいクラスで友達ができました』

まとめ

人によっては、「仲間」であり「友達」であるといった関係性の場合もあると思いますが、基本的には、「仲間」「友達」は別物です。

そのため、別物として相手と関わることも時には必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物