スポンサーリンク

「微風」と「弱風」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「微風」と「弱風」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「微風」「弱風」の違いを分かりやすく説明していきます。

一見すると同じ言葉に見えるような、「微風」「弱風」という2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「微風」とは?

「微風」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「微風」は、「びふう」または「そよかぜ」と読みます。

「微風」は、「かすかに吹く風」という意味があります。

かすかに感じる程度に、風が吹いている場合、「微風」と表現することができます。

例えば、タンポポの種に息を吹きかける時、かすかに吹く風にのって、飛んでいく様子を見られるかもしれません。

この場合は、「微風に乗って、タンポポの種が飛んでいく」などという文章を作ることができます。

また、外に出て散歩をしているときなどは、あまり風が強いと、髪が乱れたり、帽子が飛んだりして気分が良くないかもしれません。

しかし、かすかに吹く風は、涼しげで気分が良いため、「微風が吹く中での散歩はとても気分がいい」などという文章にできます。

このように、かすかに吹く程度の風に対して、「微風」という言葉を使ってみましょう。

「弱風」とは?

「弱風」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「弱風」「じょくふう」と読みます。

「弱風」は、「弱い風」という意味があります。

風が吹いているものの弱いと感じられる場合は、「弱風」という言葉を使ってみましょう。

例えば、マラソン大会を走る時などは、風が強いよりも弱い方が、走りやすいのではないでしょうか。

外に出て風の強さを感じた時、弱いと思った場合は、「今日は弱風だから、マラソンを走りやすいかもしれない」などという文章にできます。

また、エアコンや扇風機などを使うときに、風の強さを調節することがあります。

この時に、弱い風に設定する場合は、「弱風」に設定する場合があり、「エアコンを弱風に設定する」などという文章を作ることができます。

「微風」と「弱風」の違い

「微風」「弱風」の違いを、分かりやすく解説します。

「微風」「弱風」は、どちらも風が弱い状態を意味するという共通点があります。

ただし「弱風」「微風」を比較すると、「微風」の方が、弱い風速を示すという違いがあります。

そのため「弱風が吹いている」と、「微風が吹いている」という場合は、「微風が吹いている」という方が、風の勢いが弱いことになります。

一説では、「微風」が、10分間平均風速が、0. 3m/秒から、1. 5m/秒の風邪なのに対して、「弱風」は、10分間平均風速が、1. 6m/秒から、3. 3m/秒となっています。

このように、限りなく「無風」に近い状態の風を「微風」と呼び、それよりは強いが、一般的には弱いと感じる風のことを「弱風」と呼ぶようにしましょう。

まとめ

「微風」「弱風」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、風の強さを正確に表現できるようになるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物