スポンサーリンク

「適格」と「的確」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「適格」と「的確」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「適格」「的確」はまったく異なる意味を持っている同音異義語ですが、「適格」「的確」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「適格」「的確」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「適格」の意味や使い方

「適格」の意味や使い方

「適格(てきかく)」という表現は、「ある仕事・活動・役割に、必要な資格・能力・条件を十分に備えていること」を意味しています。

「適格」の表現の使い方は「彼は学業が優秀なだけではなく、性格的にも医師として適格な人物でした」のように、「ある職業・物事に必要な資格や条件を備えている場合」に使うという使い方になります。

「的確」の意味や使い方

「的確」の意味や使い方

「的確(てきかく)」という表現は、「的を外しておらず(目的・目標に一致していて)、正確・確実であること」を意味しています。

「的確」の表現の使い方は「先生から的確な指摘を受けました」「彼女は的確にその仕事をこなしました」のように、「目的・意図から外れていなくて、ある物事や言動が確実(正確)である場合」に使うことができます。

「適格」と「的確」の違い

「適格」と「的確」の違い

「適格」「的確」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「適格」という言葉は、「ある仕事や役割において、それに必要な資格・条件・能力などを十分に備えていること」を意味しています。

それに対して、「的確」というのは「的を射ていて(目的に沿っていて)、正確・確実であるさま」を意味しているという違いがあります。

「適格」という言葉は「ある物事・仕事にふさわしい資格・能力を備えていること」に意味の重点が置かれていますが、「的確」のほうは「ずばり的を射抜くような正確さ・確実さがあること」に意味の重点が置かれているという違いを指摘できます。

「適格」を使った例文と意味を解釈

「適格」を使った例文と意味を解釈

「適格」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「外務大臣には外交や安全保障の理論・実務に精通した適格な人物を選ばなければなりません」

この「適格」を使った例文は、「適格」の表現を、「外交や安全保障の理論・実務に精通していて、外務大臣としての資格・能力を十分に備えた人物を選ばなければならない」という意味で使っています。

「的確」を使った例文と意味を解釈

「的確」を使った例文と意味を解釈

「的確」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「リーダーの的確な判断と指示によって、危機的な状況を切り抜けることができました」

この「的確」を使った例文は、「的確」の表現を、「リーダーの的(目的)を外さずに間違いがない確実な判断と指示によって」の意味を持つ文章で使っています。

まとめ

まとめ

「適格」「的確」の意味の違いを詳しく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「適格」というのは、「ある仕事や活動に必要な資格・条件を十分に備えていること」を意味しています。

それに対して、「的確」という表現は「的を外しておらず(当初の目的・意図から外れていなくて)、確実・正確であること」の意味を持っています。

「適格」「的確」の意味の違いを調べたい時には、この記事の説明を確認してみてください。