「表題」と「掲題」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「表題」と「掲題」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「表題」「掲題」は類似した意味を連想してしまう紛らわしい言葉ですが、「表題」「掲題」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「表題」「掲題」の意味の違いを詳しく説明していきます。

「表題」とは?

「表題(ひょうだい)」という表現は、「書籍・作品・文章のタイトル・題名・名前」を意味しています。

さらに「表題」には、「講義・演説・演劇・イベントなどにつけられるタイトル・お題(題目)」という意味合いもあります。

「表題」の使い方は「その本の表題に興味を引かれました」のように、「本や作品、講義、イベントなどのタイトル・題名・名前」を意味して使うことができます。

「掲題」とは?

「掲題(けいだい)」という表現は、「お題・主題を掲げること」「複数の人の前に提示された題目・タイトル(名前)」を意味しています。

「掲題」の使い方は「掲題の案件に対応してください」のように、「掲げられた主題・題目・テーマ」を指し示して使うという使い方になります。

「表題」と「掲題」の違い!

「表題」「掲題」の違いを、分かりやすく解説します。

「表題」「掲題」にはどちらにも、「お題・主題・題目・名前・タイトル」といった意味合いがありますが、「掲題」の表現は「お題(主題)を掲げること・複数の人の前に提示された題目」といった意味のニュアンスが強いという違いがあります。

「表題」という言葉は「書籍・作品・文章のタイトル・名前」「講義・演説・演劇・イベントなどのタイトル・題目」を意味していて、「表題」のほうが「掲題」よりも「お題・タイトル」を意味する言葉として一般的に頻繁に使われています。

さらに「表題」「公式の文書・正式なビジネス文書」でも使用することができますが、「掲題」「公用文書での使用例」がほとんどないという違いも指摘できます。

正式なビジネスメールなどでも、「掲題」よりも「表題」を使ったほうが無難でしょう。

まとめ

「表題」「掲題」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「表題」というのは、「書籍・作品・文章のタイトル(名前)」「講義・演劇・イベントのタイトル(主題)」を意味しています。

それに対して、「掲題」という言葉は「題目・タイトルとして掲げること」「掲げられた題目(主題となるテーマ)」の意味を持っています。

「表題」「掲題」の意味の違いを調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。