スポンサーリンク

「サラリーマン」と「公務員」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サラリーマン」と「公務員」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サラリーマン」「公務員」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サラリーマン」とは?

「サラリーマン」とは?

「サラリーマン」の意味と概要について紹介します。

意味

「サラリーマン」とは、「企業に雇われて仕事をする報酬として給料を貰い、生活している人のこと」という意味です。

雇い主は民間企業で、商品やサービスを顧客に提供して収入を得ています。

概要

「サラリーマン」は和製英語で“saraly”(給料)と“man”(男性)が組合わさって出来た言葉です。

海外では通じません。

「サラリーマン」の給料は、顧客が支払ったお金から捻出されています。

その為に、会社の業績が良ければ給料も上がり、逆に業績が悪くなれば減額されることもあり、最悪の場合解雇されることもあるのです。

「公務員」とは?

「公務員」とは?

「公務員」の意味と概要について紹介します。

意味

「公務員」とは、「国民に奉仕する仕事であり、国家や地方自治体の組織に所属している人」です。

国民生活を向上させ、福祉や教育を充実させる目的で働き、収入を得ています。

概要

「公務員」は大きく分けて「国家公務員」「地方公務員」に分れ、それぞれ試験を受けて合格する必要があります。

仕事内容は国民や地方住民の生活向上や安全などを目的としていて、警察官や消防士、教師なども「公務員」です。

給料は国民の税金から捻出されている為に、非営目的です。

国や地方に雇われているので、給料が急に増えたり減ったりすることはなく、簡単に解雇もされません。

「サラリーマン」と「公務員」の違い!

「サラリーマン」と「公務員」の違い!

「サラリーマン」「公務員」の違いを、分かりやすく解説します。

内容

「サラリーマン」は、商品やサービスを提供して利益を得る仕事をします。

「公務員」は、国民に奉仕する仕事であり、非営利目的です。

給与

「サラリーマン」の給与は、顧客が支払った代金から出されます。

「公務員」の給与は、国民の税金から出されます。

まとめ

まとめ

「サラリーマン」「公務員」は、所属する組織や給与などがちがいます。

どちらが得ということはなく、その人に向いているかどうかです。