スポンサーリンク

「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サービスエリア」「パーキングエリア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サービスエリア」とは?

「サービスエリア」とは?

「サービスエリア」の意味と概要について紹介します。

意味

「サービスエリア」は、「車や人に必要なサービスを提供する施設」のことです。

基本構成として「駐車場・休憩所・トイレ・レストラン・売店・フードコート・ガソリンスタンド」で成り立っています。

概要

「サービスエリア」「SA」と表記され、高速道路や有料道路など、法律で商業施設を建設するのが禁止されている場所で、ドライブ中の人達に食事や休憩所などのサービスを提供する為に作られた施設です。

「サービスエリア」は50キロメートルごとに1ヶ所設置することになっていて、最近では温泉や宿泊施設も兼ね備えているところもあります。

休憩地点、中継地点というよりも、目的地としての「サービスエリア」も増えているのです。

「パーキングエリア」とは?

「パーキングエリア」とは?

「パーキングエリア」の意味と概要について紹介します。

意味

「パーキングエリア」「ドライバーの休憩を目的として設置された施設」です。

「パーキング=駐車」の通り、車を止めて休憩を取る目的の場所です。

規模も「駐車帳・トイレ・フードコート・売店」が基本で「サービスエリア」よりも小さめです。

概要

「パーキングエリア」「PA」と表記され、15キロメートルごとに1ヶ所設置することになっています。

駐車場とトイレのみというところもありますが、中には「サービスエリア」と同じ位の規模で、人が集まるところもあるのです。

「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違い!

「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違い!

「サービスエリア」「パーキングエリア」の違いを、分かりやすく解説します。

「サービスエリア」は、ドライブ中の人に必要なサービスがある施設で、食事だけではなく娯楽施設やガソリンスタンドまで備えています。

「パーキングエリア」は、ドライバーの休憩を目的にした施設で、シンプルなところが多くなります。

まとめ

まとめ

「サービスエリア」「パーキングエリア」は、最近ではどちらもB級グルメなどで人気のスポットが増えています。

ドライブの際には是非立ち寄ってみましょう。