「今日」と「本日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「今日」と「本日」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「今日」「本日」は同じ意味を持つ同義語として認識されていますが、実際には使い方・ニュアンスに微妙な違いがあります。

「今日」「本日」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「今日」「本日」の用法の違いを、分かりやすく説明していきます。

「今日」とは?

「今日」とは?

「今日(きょう)」という一般的・口語的(話し言葉的)な表現は、「今現在の時間を過ごしているこの日・本日」を意味しています。

「今日(きょう)」ではなく「今日(こんにち)」と読む場合には、「最近・この頃・現代」という意味合いに変化します。

「今日」の使い方は「今日は仕事を休みました」「今日は子供の誕生日です」のように、「今を過ごしているこの日」の意味で一般的に使うことが可能です。

「本日」とは?

「本日」とは?

「本日(ほんじつ)」という文語的(書き言葉的)な言葉は、「今日・今現在を過ごしている(今の時間が流れている)この日」の意味があります。

「本日」の使い方は「本日はお忙しい中、お集まりいただき誠にありがとうございます」のように、改まった場面や行事におけるあいさつのスピーチなどで使う使い方になります。

「今日」と「本日」の違い!

「今日」と「本日」の違い!

「今日」「本日」の違いを、分かりやすく解説します。

「今日(きょう)」は口語(話し言葉)でよく使われる和語を語源とする言葉ですが、「本日(ほんじつ)」は文語(書き言葉)や改まったスピーチでよく使われる漢語を語源とする言葉という違いがあります。

「今日」「本日」「今現在を過ごしている(今の時間が流れている)この日」を意味していて、基本的に意味の違いはありません。

しかし、「今日」「口語(話し言葉)・一般的なやりとり」で使われやすく、「本日」は漢語調の重厚なニュアンスがあるため、「文語(書き言葉)・改まった文書やあいさつのスピーチ」などで使われやすいという使い方(用法)の違いを指摘できるのです。

また「今日」「きょう」ではなく「こんにち」と読む時には、「本日」にはない「現代・この頃・最近」といった別の意味になるという違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

「今日」「本日」の読み方・用法の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「今日(きょう)」は、「現在の時間を過ごしているこの日・本日」を意味していますが、「今日(こんにち)」と読むと「最近(この頃)・現代」に意味合いが変化します。

それに対して、「本日(ほんじつ)」という言葉には「今日・今を過ごしているこの日」の意味があります。

「今日」「本日」の意味・用法の違いを詳しく調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。