スポンサーリンク

「先着」と「抽選」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「先着」と「抽選」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「先着」「抽選」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「先着」とは?

「先着」とは?

「先着」とは、先んじた方に権利が発生する仕組みに対して使われる言葉です。

「先着順で購入できる」という場合には、先にその為の応募を行ったり、並んだ順で購入する権利が発生すると考えていいでしょう。

何かの販売がこれだというと、いち早く応募したり、並ぶ必要がありますが、それ以外の条件が特に無い場合には、ともかく先んじさえすれば必ず購入できるという意味になります。

「抽選」とは?

「抽選」とは?

「抽選」は、権利の当選者を公平に決める手段としてよく使われます。

例として、100個の販売に対して500人の購入希望があった場合、その中から100人が確率によって選ばれることになります(1人1個の希望だとした時です)。

選抜方法としては、コンピューターによってランダムで選ばれる仕組みを用意していたり、アナログ的に応募用紙の中から100枚がランダムに選ばれるといったような内容になります。

偏りがあっては「抽選」とはならない為、このランダム性をいかに再現するかがポイントになると言っていいでしょう。

先の100に対する500の希望という例では、どの人も当選確率は20%となり、これは先に応募したり、ギリギリに応募した場合でも変わることはありません。

「先着」と「抽選」の違い

「先着」と「抽選」の違い

「先着」「抽選」の違いを、分かりやすく解説します。

「先着」は、その枠の中で先んじさえすることができれば必ず当選となる仕組みのことで、「抽選」では、応募の早さは一切関係なく、ランダムによって確率で選ばれます。

よって、「抽選」の方が公平だと表現することができますが、いくら早く応募しようと、確率での当選となってしまう為、先に応募さえすれば、確実に当選が期待できる「先着」の方が好まれることも少なくありません。

まとめ

まとめ

「先着」「抽選」には、このような違いがあります。

共に何かの販売にはよく使われる言葉なので、違いをきちんと覚えておきましょう。