「アカウント」と「ユーザー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アカウント」と「ユーザー」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ネット上で使われる「アカウント」「ユーザー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アカウント」とは?

「アカウント」とは?

「アカウント」とは、会員制、または会員になることで利用の幅が広がるようなサイトにおいて、作成する「ID」と呼ばれることもある、個人別の識別番号やコードのことです。

一人一人ユニークなものがそのサイト側から提供される場合と、他の人と被ることなく、何文字以上、以内などの条件付きで自分で好きなものが付けられる場合があり、SNSではこれにより、その人だと判別することができます。

先の「ID」と同じ意味の言葉なので、そちらで使われることも多いですが、近年ではこの「アカウント」の方がよく見聞きするようになりました。

「ユーザー」とは?

「ユーザー」とは?

「ユーザー」は、利用者という意味になります。

そのサイト利用者という解釈で使われることが多く、「ユーザー同士の交流の場」「悪質なユーザーは利用停止処分にする」などと用いられる言葉です。

会員制のサイトでは、先の「アカウント」を所持している人がこの「ユーザー」となりますが、それが無くても利用できるサイトでは、利用している人全てがこの言葉で表現されます。

「アカウント」があると利用の幅が広がるようなサイトでは、「アカウントを所持していないユーザーは~」のように、所持していない人と区別される場合がありますが、どちらも「ユーザー」であることには変わりません。

「アカウント」と「ユーザー」の違い

「アカウント」と「ユーザー」の違い

「アカウント」「ユーザー」の違いを、分かりやすく解説します。

「アカウント」は、会員番号やコードという解釈になり、「ユーザー」の方は、それを所持している、いないに関わらず、利用者のこととして使われる言葉です。

「ユーザーアカウント」「ユーザーID」と使われた時には、利用者のそれという意味なので、単に「アカウント」「ID」と使う場合と同じだと考えて構いません。

まとめ

まとめ

「アカウント」「ユーザー」は、このような言葉です。

「アカウント」を所持している時点で、その発行を受けたサイトの「ユーザー」ということになります。