インスタグラムの「アンバサダー」と「インフルエンサー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アンバサダー」と「インフルエンサー」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、インスタグラムの「アンバサダー」「インフルエンサー」の違いを分かりやすく説明していきます。

インスタグラムの「アンバサダーとは?

インスタグラムの「アンバサダー」の意味と概要について紹介します。

「アンバサダー」の意味

「アンバサダー」とは、「インスタグラム上で、ある企業のお勧めポイントをアピールしてくれるユーザーのこと」です。

「アンバサダー」の概要

「アンバサダー」は、その企業の商品やサービスのファンで、インスタグラム上に画像を掲載して、お勧めポイントや使い方のテクニックなどを投稿してくれるユーザーのことを言います。

普段からその会社の商品やサービスが好きで何度も利用していることもあり、その商品のメリットを理解してアピールしてくれる人に対して使われます。

「アンバサダー」は英語で“ambassador”と書き「大使」という意味です。

よく芸能人を地方の「観光大使」に起用してPRをすることがありますが、インスタグラム上でも同じ様にほかのユーザーに対して呼びかける人のことです。

インスタグラムの「インフルエンサー」とは?

インスタグラムの「インフルエンサー」の意味と概要について紹介します。

「インフルエンサー」の意味

「インフルエンサー」とは、「インスタグラム上で、強い発言力や、強い影響力を持つユーザーのこと」です。

「インフルエンサー」の概要

「インフルエンサー」は、常に新しい情報を取り入れ、自分のインスタグラムに投稿することで、他のユーザーたちに大きな影響を与える人のことを言います。

フォロワー数が多いことよりも、発言力があり、その画像を掲載するだけで、多くのユーザーが「私も欲しい」と思い、購買行動を起こす存在に対して使われます。

画像の処理の仕方やコメント、全体的なテーマな雰囲気など、独自の世界観が支持される人のことです。

インスタグラムの「アンバサダー」と「インフルエンサー」の違い!

「アンバサダー」「その商品やサービスのファンで、インスタグラム上で自らアピールしてくれるユーザーのこと」です。

「インフルエンサー」「インスタグラム自体にファンが多く、強い影響力を持ち、他の人の購買意欲を高めてくれるユーザーのこと」です。

まとめ

今回はインスタグラムの「アンバサダー」「インフルエンサー」の違いをお伝えしました。

「アンバサダーは口コミでアピール」「インフルエンサーは影響力」と覚えておきましょう。