「リプライ」と「DM(ダイレクトメッセージ)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リプライ」と「DM(ダイレクトメッセージ)」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リプライ」「DM(ダイレクトメッセージ)」の違いを分かりやすく説明していきます。

「リプライ」とは?

「リプライ」の意味と概要について紹介します。

「リプライ」の意味

「リプライ」とは、「自分と相手、相手に対する共通のフォロワーに内容が見える返信のこと」です。

「リプライ」の概要

「リプライ」は、ツイート内の入力欄に、相手のアカウントに「@」を付けて投稿する返信のやり方のことをいいます。

「リプライ」で返信した内容は、自分の個人ページと、相手のことを共通でフォローしているフォロワーが見られます。

つまり、「共通の知人に公開されている会話」になっているので、1対1ではありません。

「DM(ダイレクトメッセージ)」とは?

「DM(ダイレクトメッセージ)」の意味と概要について紹介します。

「DM」の意味

ツイッターの「DM」は、「他の人に見えない、個人的なメールの様なメッセージの送り方のこと」です。

「DM(ダイレクトメッセージ)」の概要

ツイッターの「DM」は、メールの様に相手にのみ送信されるメッセージのことを言います。

送った相手にしか分らず、他の人には内容が分りません。

また、通常のタイムライン画面には表示されず、専用のページで確認する必要があります。

「DM」は、フォロー・フォロワーではなくても送信可能ですが、相手が「DM」の送受信に対するリクエストを「許可」する必要があります。

また、「DM」は、1対1以外にも、グループでやり取りが可能です。

「リプライ」と「DM(ダイレクトメッセージ)」の違い!

「リプライ」「ツイッターのフォロー・フォロワーが見られる返信のこと」です。

「DM」「ツイッターで自分と相手しか見られないメッセージのこと」です。

まとめ

今回は「リプライ」「DM(ダイレクトメッセージ)」の違いをお伝えしました。

「リプライは共通の知人が見られる」「DMは自分と相手のみ」と覚えておきましょう。