「Webサイト」と「ホームページ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Webサイト」と「ホームページ」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Webサイト」「ホームページ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「Webサイト」とは?

「Webサイト」とは?

「Webサイト」の意味と概要について紹介します。

意味

「Webサイト」とは、「インターネットに表示される画面をまとめた単位のこと」という意味です。

ネットを閲覧する時に、1つの画面に表示されるものを「ウェブページ」と言います。

「Webサイト」とは、複数の「ウェブページ」をまとめた単位で、一つのまとまりのある内容にしているものです。

概要

「Webサイト」は、「サイト」とも呼ばれ、一冊の本の様なイメージです。

「トップページ」があり、目次に添って進められていき、全体で一つの内容を構成しています。

スマホやパソコンでネットを閲覧する時に、1つの画面に収められているものが「ページ」であり、それが複数集まったものが「Webサイト」なのです。

そして、それが企業や個人が作成したものであれば、その企業や個人の「ホームページ」と言われています。

「ホームページ」とは?

「ホームページ」とは?

「ホームページ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ホームページ」とは、以下の2つの意味があります。

1つ目は、本来の意味で「インターネットブラウザを最初に開いた時に表示されるページのこと」です。

個人の端末の設定により、検索サイトや自分の好きなサイトなどに変えられます。

2つ目は、「Webサイトのトップページのこと」という意味です。

個人や企業の作成した「Webサイト」のトップページで、タイトルや目次などがある表紙のページのことです。

概要

「ホームページ」は最初の頃は、本当に「自分のホームのページ」でした。

しかし段々と「Webサイト」のトップページを表す言葉として使われる様になったのです。

現在では「Webサイト」「ホームページ」は同じ意味として使われています。

「Webサイト」と「ホームページ」の違い!

「Webサイト」と「ホームページ」の違い!

「Webサイト」は、「ネット上でコンテンツをまとめた単位のこと」です。

「ホームページ」は、「それぞれのWebサイトのトップページのこと」です。

日常的にはどちらも同じ意味で使われています。

まとめ

まとめ

「Webサイト」「ホームページ」は、元々違う意味でしたが、現在ではどちらも同じ意味で使われています。

特に使い分けを気にする必要はありません。