「おしるこ」と「ぜんざい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「おしるこ」と「ぜんざい」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「おしるこ」「ぜんざい」の違いを分かりやすく説明していきます。

「おしるこ」とは?

「おしるこ」とは?

「おしるこ」の意味と概要について紹介します。

意味

「おしるこ」とは「こしあん」「つぶしあん」などの汁に餅を入れた食べ物のことです。

先に汁を作ってから餅や白玉をいれた食べ物のことを言います。

概要

「おしるこ」は漢字で書くと「お汁粉」になり、「生のこしあん」を乾燥させて粉末にしたものを使うことからきています。

水分が多いものが殆どで、さらさらとしています。

「おしるこ」は、元は塩で味付けされていたものですが、段々と砂糖が使われる様になりました。

「ぜんざい」とは?

「ぜんざい」とは?

「ぜんざい」の意味と概要について紹介します。

意味

「ぜんざい」は、小豆を砂糖で甘く似てから、中に餅や白玉を入れたも食べ物のことです。

小豆の粒が残っているものに対して使われます。

概要

「ぜんざい」は漢字で書くと「善哉」になり、由来は以下の2つです。

1つ目は、室町時代にある僧が最初に食べた時、あまりの美味しさに「善哉(よきかな)」と叫んだというものという説です。

2つ目は、出雲地方で行われていた祭りで振る舞われた「神在餅(じんざいもち)」が変化したものという説です。

「ぜんざい」は小豆を煮て作るもので、地方によっては栗お甘露煮を入れるところもあります。

「おしるこ」と「ぜんざい」の違い!

「おしるこ」と「ぜんざい」の違い!

「おしるこ」「ぜんざい」の違いを、分かりやすく解説します。

関東での違い

「おしるこ」は、「汁けがあるもの」のことです。

「ぜんざい」は、「お餅に汁けがないあんこを乗せたもの」のことです。

関西での違い

「おしるこ」は、「こしあんを使った汁気のあるもの」です。

「ぜんざい」は、「粒あんを使った汁気のあるもの」です。

まとめ

まとめ

「おしるこ」「ぜんざい」は、地方により違います。

最も重要なポイントは「こしあん」「粒あん」という点です。