「マドレーヌ」と「フィナンシェ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マドレーヌ」と「フィナンシェ」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マドレーヌ」「フィナンシェ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マドレーヌ」とは?

「マドレーヌ」の意味と概要について紹介します。

意味

「マドレーヌ」は、「濃厚なバターの風味が特徴の焼き菓子」のことです。

材料にバターをふんだんい使い、卵も加えてしっとりと柔らかく仕上げています。

概要

「マドレーヌ」という名前は、最初にこの焼き菓子を作った女性の名前に由来しています。

18世紀にポーランドで宮仕えしていた「マドレーヌ」という女性が作ったもので、その後フランスに伝わり、貴族のティータイムに好まれる様になりました。

「フィナンシェ」とは?

「フィナンシェ」の意味と概要について紹介します。

意味

「フィナンシェ」は、「アーモンドの香りが特徴の焼き菓子」のことです 材料にアーモンド粉を使い、焦がしバターの風味を加え、表面はさっくり、中はしっとりと仕上げています。

概要

「フィナンシェ」は、フランス語で「お金持ち」「金融家」という意味で、英語では「ファイナンス」と言います。

忙しい金融家が、洋服を汚さずに片手ですぐに食べられる様に作られたことから名づけられたという説と、焼き上がりの形が長方形で金塊の様であることから名づけられたという説があります。

「マドレーヌ」と「フィナンシェ」の違い!

「マドレーヌ」「フィナンシェ」の違いを、分かりやすく解説します。

材料

「マドレーヌ」は、卵と溶かしバターを使います。

「フィナンシェ」は、卵白と焦がしバターを使います。

「マドレーヌ」は、ホタテ貝やカップ型で作ります。

「フィナンシェ」は、平たく長方形をしています。

風味

「マドレーヌ」は、しっとりとした食感です。

「フィナンシェ」は、外はさっくり、中はしっとりしています。

まとめ

「マドレーヌ」「フィナンシェ」は、似ている様で材料が違います。

機会があればじっくりと食べ比べてみましょう。