スポンサーリンク

「台湾料理」と「中華料理」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「台湾料理」と「中華料理」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「台湾料理」「中華料理」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「台湾料理」とは?

「台湾料理」とは?

「台湾料理」の意味と概要について紹介します。

意味

「台湾料理」「たいわんりょうり」と読み、「台湾の伝統的な郷土料理に、中華系の福建料理が融合して広まった料理のこと」という意味です。

概要

「台湾料理」とは、中国の福建系出身である移民が台湾に伝えた中華料理が元になって作られた料理です。

台湾の郷土料理や日本料理などの要素が取り入れられて、時間をかけて「台湾料理」と呼ばれる様になりました。

特徴としては、中華料理よりも味が脂っこくなくさっぱりしていることと、屋台料理として発展したことで、食べ歩きに向いていたり、コンパクトな一品料理が多いという点です。

「中華料理」とは?

「中華料理」とは?

「中華料理」の意味と概要について紹介します。

意味

「中華料理」「ちゅうかりょうり」と読み、「中国で歴史的に食べられてきた料理のこと」という意味です。

概要

「中華料理」は、「中国4千年の歴史」と言われる中で発展してきた、調味料や調理法を生かした料理のことです。

中国は広大な国土があることから、地方により食習慣が全く違います。

一般的に「山東料理(さんとうりょうり)・江蘇料理(こうそりょうり)・広東料理(かんとんりょうり)・四川料理(しせんりょうり)・湖南料理(こなんりょうり)・福建料理(ふっけんりょうり)・安徽料理(あんきりょうり)・浙江料理(せっこうりょうり)」の8つを総称して「中華料理」と呼んでいます。

「台湾料理」と「中華料理」の違い!

「台湾料理」と「中華料理」の違い!

「台湾料理」は、中華料理の一つで、台湾の郷土料理と中華料理の福建料理が融合して発展したものです。

「中華料理」は、中国の各地方で歴史的に食べられてきた料理の総称のことです。

まとめ

まとめ

「台湾料理」「中華料理」の一つです。

日本にはどちらの料理店も数多くあるので、機会があれば是非食べ比べてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物