「ペラサイト」と「ミニサイト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ペラサイト」と「ミニサイト」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ペラサイト」「ミニサイト」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ペラサイト」とは?

「ペラサイト」とは?

「ペラサイト」とは、1ページだけで完結しているwebサイトのことを指す言葉です。

一般的なwebサイトと言えば、メインとなるページがあり、そこから色々なコンテンツのページへのリンクがあり、それらをまとめて1つの「ホームページ」と呼んでいます。

例として、企業のそれでは、メインのページから社長の挨拶、製品の紹介、販売店一覧、不具合対応のページといった色々なコンテンツにリンクされており、それら全てを含めてその企業のホームページと呼ぶという具合ですが、「ペラサイト」は、その1ページだけが全てなので、ホームページという呼称はあまり用いません。

「ミニサイト」とは?

「ミニサイト」とは?

「ミニサイト」とは、メインのページの他に、2つや3つだけコンテンツとしてリンク先がある程度のホームページを指します。

定義のようなものがある訳ではありませんが、数ページだけで構成されているホームページはこの「ミニサイト」と呼ぶことが多く、この言葉でそれほど多くのコンテンツは含んでいないという意味まで一緒に表現できます。

つまり、1ページだけの場合は先の「ペラサイト」で、2ページや3ページだけという時にはこちらの「ミニサイト」と呼ぶことになります。

「ペラサイト」と「ミニサイト」の違い

「ペラサイト」と「ミニサイト」の違い

「ペラサイト」「ミニサイト」の違いを、分かりやすく解説します。

「ペラサイト」は、1ページのみのwebサイトのことで、自分の健忘録代わりに作るようなこともありますが、多くはアフィリエイトのアクセス狙いの乱発サイトだと考えていいでしょう。

「ミニサイト」は、全部で数ページだけのホームページのことで、これからコンテンツを増やす途中の状態にも使われる言葉です。

その場合には、「今はまだミニサイト程度だけど、時間を掛けて充実させていこうと思う」などと使われます。

まとめ

まとめ

「ペラサイト」「ミニサイト」は、このような違いになります。

「ペラサイト」は、1枚だけのぺらぺらの紙からの連想で付けられた名称です。