「ブティック」と「アパレル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブティック」と「アパレル」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブティック」「アパレル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ブティック」とは?

「ブティック」とは?

「ブティック」とは、主に洋服を販売するお店のことです。

それにちなんだアクセサリーやバッグ、小物なども扱っていることがありますが、メインとなる商品は洋服です。

元はフランス語で、日本語で言えば「洋服店」となりますが、量販店に使うことはなく、個人で経営しているお店やそれなりに高級なお店に使うことが多い言葉で、和服を扱っているお店は「和服ブティック」などと言われることがありますが、あまり使われる表現ではなく、その場合には「呉服屋」と呼ぶのが一般的です。

「アパレル」とは?

「アパレル」とは?

「アパレル」は、英語で「衣服」を表現する言葉で、カタカナ語としてもそちらの意味、もしくは「服飾関連」として使われています。

「アパレル産業」と言えば、衣服の製造や流通が絡んでいる職業のことで、「アパレル業」とすると、衣服の販売業だと考えていいでしょう。

単に「アパレル」とした時には、「衣類」と置き換えることで、ほとんどの場合でスムーズに意味が通るでしょう。

「ブティック」と「アパレル」の違い

「ブティック」と「アパレル」の違い

「ブティック」「アパレル」の違いを、分かりやすく解説します。

「ブティック」は、洋服の販売店のことですが、それほど規模が大きくなく、高級感があるお店のことです。

「アパレル」の方は、「衣類」そのもののことで、それを扱う職業などにもよく用いられる言葉となっています。

「ブティック」は、「アパレル業」の1つになり、量販店も職種としては同様になります。

尚、「ブティック」の店員には「マヌカン」という特別な表現があり、こちらは「ブティック」とは呼ばない量販店などの店員には使わない言葉です。

まとめ

まとめ

「ブティック」「アパレル」は、このような違いとなっています。

「ブティック」は、お店そのもののことだと覚えておくといいでしょう。