「御曹司」と「社長の息子」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「御曹司」と「社長の息子」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「御曹司」「社長の息子」の違いを分かりやすく説明していきます。

「御曹司」とは?

「御曹司」の意味と概要について紹介します。

意味

「御曹司」「おんぞうし」と読み、「江戸時代には旗本の息子、明治時代には華族や財閥、政府官僚の息子など、良家の子息を表す言葉」です。

現代では「大企業の社長の息子」「裕福な著名人の息子」「商売で成功した家の息子」などに使われています。

概要

「御曹司」は、元々由緒ある家柄の長男を表す言葉でした。

血筋の良さを表す言葉で、本来は王族や華族など、代々続いている血筋に当たる男の子に使われていた言葉です。

「御曹司」「御」は、丁寧を表す接頭語で、「曹司」は、「宮司の建物や部屋のこと」という意味です。

平安時代になると、そこに住む女官なども「曹司」と呼ばれる様になり、そこから転じて「貴族の息子でまだ独立していない子供」という意味で使われる様になったのです。

家督をこれから相続する長男が、独立する前の「同居状態」に使われていたのです。

「社長の息子」とは

「社長の息子」の意味と概要について紹介します。

意味

「社長の息子」は、「会社の経営者の息子」という意味です。

実の息子のこともあれば、娘婿を表すこともあります。

概要

「社長の息子」は、「御曹司」というよりも、中小企業や自営業などで親子経営をしている関係を表すことが多くなります。

株式会社であればそう簡単に息子が次期社長にはなれないものですが、中小企業の場合は「社長の息子」=「次期社長」になります。

「御曹司」と「社長の息子」の違い!

「御曹司」は、「身分が高い家柄に生まれ男性のこと」「大企業の社長の息子」のことです。

「社長の息子」は、「会社の経営者の息子」のことです。

まとめ

「御曹司」「社長の息子」は、家柄に違いがあります。

「御曹司」の方がお金持ちのイメージになります。