「反社会的」と「非社会的」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「反社会的」と「非社会的」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「反社会的」「非社会的」は類似した意味をイメージさせる紛らわしい二つの用語ですが、「反社会的」「非社会的」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「反社会的」「非社会的」の違いを分かりやすく説明していきます。

「反社会的」とは?

「反社会的」とは?

「反社会的」という言葉は、「既存社会の法規範・道徳規範・人権思想といった社会のルールに反していること」を意味しています。

「反社会的」とは、「犯罪・暴力・違反」と関係があり、「社会規範・人権(他者の生命・権利)を否定するような暴力的な言動をするさま」を意味する言葉です。

「非社会的」とは?

「非社会的」とは?

「非社会的」という用語は、「義務的な職業活動(労働)・学業などに参加したがらずにひきこもる性格傾向や状態」を意味しています。

「非社会的」というのは、「他者と関わる社会的な活動・場面に参加しないさま」「不登校・ひきこもり・ニートのような状態になりやすい性格傾向や生活様式」といった意味を持っている言葉なのです。

「反社会的」と「非社会的」の違い!

「反社会的」と「非社会的」の違い!

「反社会的」「非社会的」の違いを、分かりやすく解説します。

「反社会的」という言葉も「非社会的」という言葉も、どちらも「既存社会(社会的な集団生活)に上手く適応できない状態や様子」を意味している言葉です。

しかし「反社会的」というのは、「犯罪を犯したり他者を傷つけたりルールを破ったりするような、既存社会の規範や秩序を壊そうとする性格傾向・様子」を意味していますが、「非社会的」には「反社会的」のような「攻撃性・加害性・能動的なルール違反」は見られないという違いがあります。

「非社会的」とは「学業・労働といった社会活動に参加せずにひきこもるような性質や様子」を意味する言葉で、「犯罪・暴力・違反」に近づく「反社会的」とは異なり、「不登校・ひきこもり・ニート」などと関連しやすい違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「反社会的」「非社会的」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「反社会的」という用語は、「既存の法的規範や道徳規範、人権思想といった社会のルールに反していることや社会規範・人権を否定するような乱暴な言動をする様子」を意味しています。

それに対して、「非社会的」という用語は「仕事や学業に参加せずにひきこもること・他者と関わる社会的な仕事や場面に参加したがらないさま」の意味合いを持っています。

「反社会的」「非社会的」の違いを詳しく知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。