「学習」と「勉強」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「学習」と「勉強」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「学習」「勉強」の違いを分かりやすく説明していきます。

「学習」とは?

「学習」とは、学ぶこと全般に使うことができる言葉です。

「中国語を学習している」と言えば、中国語の学びに勤しんでいることの表現になり、「数学の学習の為に塾に通っている」とした時には、学ぶ対象が数学の塾に通っていると言っています。

そのような学問的な対象だけでなく、「この機械の使い方を学習したいと思う」などと用いることもできる言葉で、それによって対象の内容が身に付くことが目的になります。

学ぶ対象、内容に特に制限はありません。

「勉強」とは?

「勉強」は、学問的なものを学ぶことの表現です。

よって、「国語の勉強をする」「次は理科の勉強の時間だ」のような使い方になります。

また、それに準じる対象にも用いることができ、「もう少し運転の勉強をしないといけない」といったようにも使える言葉です。

その為、先の「学習」をこちらに言い換えてもそのまま意味が通じることが多いです。

「学習」と「勉強」の違い

「学習」「勉強」の違いを、分かりやすく解説します。

「学習」は、その対象を身に付けるという意味から使われることが多い言葉で、学ぶのはその為だと考えていいでしょう。

「勉強」の方も、学ぶことに変わりはありませんが、こちらは身に付ける対象が学問的なものの場合によく用いられる言葉です。

この「勉強」の為のノートに「学習帳」と付いていることがあるように、これらの言葉は明確な線引きがある訳ではありません。

「学習」は、何かの技術や技能の取得の為、「勉強」の方は、知識として身に付ける為に行うと解釈すると区別すると分かりやすいでしょう。

まとめ

「学習」「勉強」は、このような言葉になります。

身に付けるという解釈が強い場合には「学習」、勉学に近いものだと思えば「勉強」だと覚えておいてください。

ただし、明確に使い分けるほどの違いがある訳でもありません。