スポンサーリンク

「健康長寿」と「健康寿命」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「健康長寿」と「健康寿命」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「健康長寿」「健康寿命」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「健康長寿」とは?

「健康長寿」とは?

「健康長寿」とは、健康で長生きをすることです。

これを目指すには、実現する為になどと用いられることが多い言葉で、普段の生活習慣が大切になると言われていますが、その中でも、特に食生活が大きなポイントだと考えられています。

一般的には、脂質や糖分、塩分をなるべく控えた食事の摂取が推奨されますが、何より食べ過ぎないことが一番という考え方があるようです。

また、朝食を抜くのも血糖値やインスリンの分泌量に影響するのでよくないとされており、もちろん食べ物のことだけでなく、無理のない程度の適度の運動も必要になります。

「健康寿命」とは?

「健康寿命」とは?

この「健康寿命」という言葉は、2000年にWHO(世界保健機構)が提唱したもので、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく、生活できる期間(年齢)」とされています。

日本では、2013年の時点で男性が71. 19歳、女性が74. 21歳だという厚生労働省からの発表があり、おおよそこの年齢までは日常生活に支障が出ることがないと考えられていますが、あくまで平均値であり、この年齢を過ぎたからといって、急に毎日の生活に困るようなことになる訳ではありません。

「健康長寿」と「健康寿命」の違い

「健康長寿」と「健康寿命」の違い

「健康長寿」「健康寿命」の違いを、分かりやすく解説します。

この2つの言葉は、「健康長寿」を目指すことによって、「健康寿命」が伸びるという関係になると考えていいでしょう。

日本は世界でもトップクラスの長寿大国なことから、我が国で「健康長寿」の秘訣とされるものは、世界でも大いに参考にされています。

まとめ

まとめ

「健康長寿」「健康寿命」には、このような違いがあります。

「健康長寿」は、愕然とした意味になりますが、その為の食生活、日頃の行動などは、「健康寿命」に大きく関わることになります。