スポンサーリンク

「礼を尽くす」と「礼を重んじる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「礼を尽くす」と「礼を重んじる」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「礼を尽くす」「礼を重んじる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「礼を尽くす」とは?

「礼を尽くす」とは?

「礼を尽くす」の意味と使い方について紹介します。

意味

「礼を尽くす」「れいをつくす」と読み、「礼儀や作法など、相手に敬意を表す行為を全て表しきること」という意味です。

使い方

「礼を尽くす」は、相手を尊敬する気持ちを最大限に表現する時に使います。

「尽くす」「そのことの為にある限りを出し切る」「極める」「果たす・まっとうする」「精一杯努力する」「全てを表現する」という意味があります。

「礼儀や礼節に関することを、できる限りやり尽くすこと」という意味になるのです。

本来は自分の気持ちから出る行動を表す言葉ですが、ビジネスなど上下関係がある場合「相手に奉仕する」という意味で使われることもあります。

「礼を重んじる」とは?

「礼を重んじる」とは?

「礼を重んじる」の意味と使い方について紹介します。

意味

「礼を重んじる」は、「礼儀や礼節などをないがしろにせず、大切にすること」という意味です。

使い方

「礼を重んじる」「重んじる」「重んずる」が変化した言葉で、語源は「おもみする」「価値のあるものとして重く見ること」という意味です。

「礼儀や礼節」を大切にすることであり、日頃の考え方や価値観を表し、実際に行動することではありません。

「礼を尽くす」と「礼を重んじる」の違い!

「礼を尽くす」と「礼を重んじる」の違い!

「礼を尽くす」は、「礼儀や作法など、相手に敬意を払った行動をやり切ること」です。

「礼を重んじる」は、「礼儀や作法などを大切にするという考え方」です。

まとめ

まとめ

「礼を尽くす」「礼を重んじる」は、実際に行動するか、考え方かと言う違いがあります。

社会人になるとよく使う言葉ですので、使い分けられる様にしましょう。