スポンサーリンク

「おフェロメイク」と「メェロメイク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「おフェロメイク」と「メェロメイク」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「おフェロメイク」「メェロメイク」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「おフェロメイク」とは?

「おフェロメイク」とは?

「おフェロメイク」の意味と概要について紹介します。

意味

「おフェロメイク」「おふぇろめいく」と読み、「女性らしくフェロモン溢れる雰囲気で、男性を引きつける様なメイクのこと」という意味です。

概要

「おフェロ」は、「おしゃれ」「フェロモン」を組み合わせで作ったメイク用のスラングです。

人気ヘアメイクアーティストが考えた言葉で、「自然でかつフェロモンあふれる雰囲気」の、女性らしいメイクのことを言います。

いかにもセクシーに見せるというものではなく、女性が持つ自然なお色気を出す様にするのがコツです。

お風呂上りのピンク色でツヤのある肌をイメージして、そこにメイクを施し、男性をドキッとさせる様に仕上げます。

「メェロメイク」とは?

「メェロメイク」とは?

「メェロメイク」の意味と概要について紹介します。

意味

「メェロメイク」「めぇろめいく」と読み、「ふんわりとしたナチュラルさを基本に、大人の女性の色気を取り入れたメイクのこと」という意味です。

概要

「メェロメイク」は、英語の“mellow”(柔らかい・成熟した)という言葉と、「フェロモン」「メロメロ」を組み合わせて作ったメイク用のスラングです。

ふんわりとした自然なイメージに、女性らしさを加えて、男性を「メロメロ」にするメイクです。

あくまで自然な色気を大切にして、うるおいとツヤを大切に軽く仕上げるのがコツです。

「おフェロメイク」と「メェロメイク」の違い!

「おフェロメイク」と「メェロメイク」の違い!

「おフェロメイク」は、「お風呂上りの様な血色とツヤで、色っぽさをアピールするメイク」です。

「メェロメイク」は、「ふんわりとした柔らかさに、成熟した大人の女性の雰囲気を漂わせるメイク」です。

まとめ

まとめ

「おフェロメイク」「メェロメイク」は、「色っぽさ」の出し具合が違います。

自分のイメージに合わせて似合うメイクを取り入れいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物