「重大」と「深刻」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「重大」と「深刻」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「重大」「深刻」の違いを分かりやすく説明していきます。

「重大」とは?

「重大」とは?

「重大」の意味と概要について紹介します。

意味

「重大」「じゅうだい」と読み、「ものごとが普通ではなく、大変な影響や結果をもたらす事態であること」「軽々しく扱えない程大切なこと」「重くて大きい様子」という意味があります。

概要

「重大」は形容動詞で、「重大だ・である」と使ったり、「重大な事件」と名詞を修飾して使います。

非常に大きなものごとであり、真面目に扱うべきことです。

軽々しく扱うと周囲から非難されたり、知っていて人に伝えないと、あとで過失を問われることもあります。

但し、「重大」かどうかは本人の価値観によりものが多く、本人が「重大発表」と言っても周囲にとって「重大」でるとは限りません。

「深刻」とは?

「深刻」とは?

「深刻」の意味と概要について紹介します。

意味

「深刻」「しんこく」と読み、「事態が簡単に済まない状態になっていること」「大変なことだと深く思いわずらうこと」「非常に重く受け止めて考えたり表現している様子」「情け容赦なく厳しいこと」という意味です。

概要

「深刻」は形容動詞で、「深刻だ・である」と使ったり、「深刻な事態」と名詞を修飾して使います。

その人にとって危険や災難などが近づいていて、本人もそれを感じとり、酷く思い悩むことを言います。

ものごとの大きさではなく、より悪化していることを表す言葉です。

「重大」と「深刻」の違い!

「重大」と「深刻」の違い!

「重大」は、「大変な結果や影響をもたらす状態」です。

「深刻」は、「事態が悪化している様子」です。

まとめ

まとめ

「重大」と「深刻」は、ものごとの大きさか、悪さかという違いがあります。

何に対して危機感を持っているのかで使い分けましょう。

「重大」は形容動詞で、「重大だ・である」と使ったり、「重大な事件」と名詞を修飾して使います。

非常に大きなものごとであり、真面目に扱うべきことです。

軽々しく扱うと周囲から非難されたり、知っていて人に伝えないと、あとで過失を問われることもあります。

但し、「重大」かどうかは本人の価値観によりものが多く、本人が「重大発表」と言っても周囲にとって「重大」でるとは限りません。