「心の声」と「思考」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心の声」と「思考」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「心の声」「思考」はよく似た意味を連想させる混同しやすい二つの言葉ですが、「心の声」「思考」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「心の声」「思考」の意味の違いを詳しく説明していきます。

「心の声」とは?

「心の声」とは?

「心の声(こころのこえ)」という言葉は、「自分の内面に湧き上がってくるように感じる良心・本音・欲望・倫理(善悪)を元にした声」を意味しています。

「心の声」というのは、「自分を正しい方向に導いたり悪い方向に導いたりする自分自身の本心や倫理観から生じる声」を意味する言葉なのです。

「思考」とは?

「思考」とは?

「思考(しこう)」という表現は、「ある物事について自分の知識・経験・情報・関係などに基づいて考えること」の意味を持っています。

「思考」というのは、「ある問題を解決するために、自分の意思と意欲を前提にして考えたり思ったりすること」を示唆している言葉なのです。

「心の声」と「思考」の違い!

「心の声」と「思考」の違い!

「心の声」「思考」の違いを、分かりやすく解説します。

「心の声」「思考」「自分自身の物事や他者、自分の言動に対する考え・思い」を示唆していますが、「思考」のほうが「心の声」よりも「自動的・受け身ではなく意思的・能動的である」という違いがあります。

「心の声」というのは「自分の心の中の世界へと自然に湧き上がってくる本音・良心・欲望(善悪)の声」を意味していますが、「思考」という言葉は「自分自身で能動的に意思を持ってある物事や問題について考えたり思ったりすること」を意味しているという違いを指摘することができます。

まとめ

まとめ

「心の声」「思考」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「心の声」という言葉は、「自分の内面にある良心・本音を元にして聞こえてくるように感じる声・自分を正しい方向や悪い方向に導こうとする自分自身の声」を意味しています。

それに対して、「思考」というのは「物事について自分の知識・経験・情報・関係などを元にして考えること」の意味を持っています。

「心の声」「思考」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。