「一戸建て」と「一軒家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一戸建て」と「一軒家」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一戸建て」「一軒家」の違いの違いを分かりやすく説明していきます。

「一戸建て」とは?

「一戸建て」とは?

「一戸建て」の意味と概要について紹介します。

意味

「一戸建て」「いっこだて」と読み、「集合住宅でなく、1棟で1戸の家屋のこと」という意味です。

概要

「一戸建て」は、1つの「建物」に1つの「戸」が付いていることを表します。

戸が一つということは一世帯のみ住んでいるという意味ですが、最近増えている二世帯住宅は「一戸建て」に含まれます。

これは、あくまでも「その家族が一緒に住んでいること」という意味で使われているのです。

最近では「一戸建て」「一軒家」も、一つの世帯が住んでいる家ということで、同じ意味で使われることが多くなっています。

「一軒家」の違いとは?

「一軒家」の違いとは?

「一軒家」の意味と概要について紹介します。

意味

「一軒家」「いっけんや」と読み、「周囲に家がなく、1軒だけ建っている家」「集合住宅ではなく独立した家屋」という意味です。

概要

「一軒家」は、その建物の周りに何もない状態のことをいいます。

アパートやマンションではなく、ポツンとその家屋だけある状態のことを言います。

また、「一軒家」は集合住宅ではありませんが、その建物の中で壁を共有する作りになっていて、家族以外の人が住んでいる場合も含まれます。

「一戸建て」と「一軒家」の違い!

「一戸建て」と「一軒家」の違いの違い!

「一戸建て」は、「1つの建物に1つの世帯が住んでいる家」のことです。

「一軒家」は、「周囲に建物がない状態の家」のことです。

まとめ

まとめ

「一戸建て」「一軒家」は、建物の状態に違いがあります。

最近ではどちらも同じ意味で使われることが多いので、あまり気にする必要はありません。