「質疑」と「質問」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「質疑」と「質問」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「質疑」「質問」の違いを分かりやすく説明していきます。

「質疑」とは?

「質疑」の意味と使い方について紹介します。

意味

「質疑」「しつぎ」と読み、「与えられた議題の内容について、分らないことの説明を求めること」という意味です。

概要

「質疑」は、会議や説明会など、一つの議題を検討する為の会合において、その内容に関して分らないことや疑問に思っていることを明確にする為に、説明を求めることを言います。

自分の意見や提案などは述べることはできません。

「質問」との違いは、「議題に関係のないことについては言及できない」という点です。

「質疑応答」は、その場で議題に関することについて口頭で説明を求めることを言います。

「質問」とは?

「質問」の意味と使い方について紹介します。

意味

「質問」「しつもん」と読み、「疑問に思ったり分らないことを訊ねること」という意味です。

概要

「質問」は、相手に対して事実を明らかにしたい時や、相手の考えについて問いただしたいことがある時に、疑問を投げかけることを言います。

自分の提案や見解を述べても良く、相手はその場ですぐに答える必要はなく、後日回答をしても構いません。

「質疑」との違いは、議題とは直接関係のないことでもよく、自分の考えを述べても良い点があります。

「質疑」と「質問」の違い!

「質疑」は、「主に議会で使われる言葉で、議題に添った内容について説明を求めること」です。

「質問」は、「自分の見解や提案なども含めて、分らないことをについて説明を求めること」です。

まとめ

「質疑」「質問」は、「その議題に関することのみかどうか」という点が違います。

会議などでは「質疑」、普段の会話では「質問」と使い分けると良いでしょう。