スポンサーリンク

「寄贈」と「贈る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「寄贈」と「贈る」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「寄贈」「贈る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「寄贈」とは?

「寄贈」とは?

物品を贈り与えることを「寄贈」と言います。

その送り先は、公共的な施設となり、学校や病院、駅や市役所など、多くの人が利用する場所に贈る行為を意味します。

もちろん、「寄贈」は、無償で行われます。

どれだけ高価なものを「寄贈」したとしても、対価を受け取ることはありません。

何らかの思い、例えば、その施設の役に立ててほしい。

などといった気持ちで寄付を行う行為が「寄贈」です。

そのため、「寄贈」は、「寄付」「贈与」「贈呈」「進呈」「献金」「献上」「プレゼント」などと言い換えることができ、対義語は、受け取ることを意味する「受贈」です。

「寄贈」の使い方

「寄贈」の場合、「寄贈する」「寄贈したい」などといった使い方のほか、「寄贈者」「寄贈品」「寄贈本」などといった言葉もあります。

「贈る」とは?

「贈る」とは?

感謝やお祝いなどの気持ちを込め、金品などを与える、贈り物をする行為を「贈る」と言います。

また、官位や称号などを与える行為も「贈る」と言います。

この「贈る」の場合、日常的に用いられる言葉となり、友人や家族、知り合いなどに何かプレゼントする際などにも頻?に用いられる言葉です。

単に何かを渡すだけではなく、その中には、相手に対する深い感謝の気持ちやお祝いの気持ちなど、気持ちを込めて何かを渡す際に、この「贈る」が用いられます。

そのため、「贈る」は、「差し上げる」「プレゼントする」などと言い換えることができます。

「贈る」の使い方

相手のことを思い品物などを「贈る」際に用いられる言葉となり、「お歳暮を贈る」「誕生日プレゼントを贈る」「花束を贈る」などといった使い方のほか、「贈る言葉」などの言葉もあります。

「寄贈」と「贈る」の違い

「寄贈」と「贈る」の違い

同じ何かを渡すといった行為では同じ意味ですが、「寄贈」は、特別なものを意味する言葉となります。

「寄贈」の場合、贈る相手は公共的な施設となり、その施設に対し、物品を寄付する行為を「寄贈」と言います。

そのため、特定の人に対し贈られるものではありません。

一方、「贈る」の場合は、公共的な施設に何かを渡す際にも「贈る」と用いることができるほか、個人的な感情で何かを渡す際にも用いることができ、広く一般的に用いられる言葉となります。

「寄贈」の例文

「寄贈」の例文

・『私は母校に私の作品を寄贈したいと考えています。』
・『寄贈本のお陰で私たちのような施設でも、子供たちに多くの本に触れさせてあげることができています。』
・『今年度もたくさんの寄贈品を頂き、感謝しております。』
・『市を代表する画家から絵が市役所に寄贈され、飾られることになりました。』

「贈る」の例文

「贈る」の例文

・『お世話になっている上司にお歳暮を贈る。』
・『彼氏に贈る誕生日プレゼントを買いました。』
・『定年の日、部下から花束を贈られました。』
・『卒業生に対し贈る言葉を考えています。』

まとめ

まとめ

以上のように、「寄贈」は贈る行為でも公共的な施設などに対し寄付する行為を意味する、特別な場合にのみ用いられる言葉となります。