「獅子」と「ライオン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「獅子」と「ライオン」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「獅子」「ライオン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「獅子」とは?

「獅子」とは?

「獅子」の意味と概要について紹介します。

意味

「獅子」「しし」と読み、「ライオンを中国語にした言葉」「中国の想像上の生き物」という意味です。

概要

「獅子」は、現実的には中国語で「ライオン」のことを言います。

その他にも、中国で想像上の生き物として知られています。

元々中国には「ライオン」は生息しておらず、世界中から伝わってきた話を元に想像して作り上げた動物で、実際に「ライオン」とはかなり違った姿をしています。

「獅子」は、災いを祓い福を招くと言われ、日本でも「獅子舞」や神社の狛犬の元になっています。

「ライオン」とは?

「ライオン」とは?

「ライオン」の意味と概要について紹介します。

意味

「ライオン」は、「食肉目ネコ科ヒョウ属」に分類される哺乳類のことです。

概要

「ライオン」は、主に中央アフリカに生息しています。

ネコ科で最大級の食肉動物で、オスはたてがみが生えているのが特徴です。

生態が自然の食物連鎖の中でも頂点にあるこことから「百獣の王」とも呼ばれています。

西洋ではその立派な姿から権力の象徴として使われ、貴族の家紋などに使われることもあります。

「獅子」と「ライオン」の違い!

「獅子」と「ライオン」の違い!

「獅子」「ライオン」は、基本的に同じ動物のことを言います。

「獅子」は、「中国語で『ライオン』のこと」「神格化された想像上の動物」のことです。

まとめ

まとめ

「獅子」「ライオン」は、同じ動物の事ですが、「獅子」は想像上の動物を表すこともあります。

中国の書物などを参考に見比べてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物