「合理化」と「効率化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「合理化」と「効率化」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「合理化」「効率化」の違いを分かりやすく説明していきます。

「合理化」とは?

「合理化」とは?

「合理化」の意味と使い方について紹介します。

意味

「合理化」「ごうりうか」と読み、「道理に叶う様にすること」「無駄を省き、生産性を高めること」「何かと理由を付けて自分を正当化すること」という意味です。

使い方

「合理化」は、ビジネス用語ととしてよく使われます。

業務改善において、あらゆるムダを省き、生産性を高めることですが、その中に「誰もが納得する様な方法であること」「道理に叶っていること」という意味が含まれます。

ある行動に対して「理由が合っている」ことを表し、生産性が高まるのは結果としてついてくるものです。

「効率化」とは?

「効率化」とは?

「効率化」の意味と使い方について紹介します。

意味

「効率化」「こうりつか」と読み、「ムダをなくして、生産性を高めること」という意味です。

使い方

「効率化」もビジネス用語としてよく使われ、「仕事の効率化」という言葉があります。

作業や製造の課程において、ムダを省き簡略化して、よりスムーズに、しかも速く成果を出すことを言います。

自分の能力でなくても、IT化、機械化することで、その他の作業を優先できることにも使います。

「合理化」「誰もが納得すること」を重視しているのに対して、「効率化」は上の立場の人が決定すれば、下の人は「理不尽だ」と思っても従う必要があるという点です。

「合理化」と「効率化」の違い!

「合理化」と「効率化」の違い!

「合理化」は、「理由づけがあり、誰もが納得する様にムダを省くこと」です。

「効率化」は、「とにかく作業のムダをなくして、生産性を高めること」です。

まとめ

まとめ

「合理化」「効率化」は、「誰もが納得するかどうか」という点が違います。

ビジネスで使う時には微妙なニュアンスの違いに注意しましょう。