スポンサーリンク

「手法」と「方法」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「手法」と「方法」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「手法」「方法」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「手法」とは?

「手法」とは?

「手法」の意味と概要について紹介します。

意味

「手法」「しゅほう」と読み、「ものごとのやり方」「芸術作品を創る上での技法」という意味です。

概要

「手法」は、ものごとをどの様に手掛けていくかというやり方のことで、絵画や彫刻、更には音楽や映画などを作る際に、他とは違うやり方で特徴を生み出すテクニックのことを言います。

「手」「手指」のことですが、「仕事」「作業」「やり方」という意味もあります。

囲碁・将棋では「打つ手がない」は、「やりようがない」という意味で使われます。

「法」「おきて」という意味の他に「形式」「型」という意味もあります。

つまり、「手法」「形式ややり方」という意味で使われているのです。

「方法」とは?

「方法」とは?

「方法」の意味と概要について紹介します。

意味

「方法」「ほうほう」と読み、「目標を達成する為の手段」「哲学で真理を追究する考え方」という意味があります。

概要

「方法」は、「目的を成し遂げる為のやり方や対処法」のことです。

色々と考えついた中の一つの手段として使われます。

「手法」「芸術作品などにおける表現の手段」であるのに対して、「方法」は、「ビジネスなどで目的達成の為に取る手立て」を表すという点です。

自己表現や自由が認められている「手法」に対して、問題を解決したり、目的を成し遂げるなど、方向性が定まっているのが「方法」と言えます。

「手法」と「方法」の違い!

「手法」と「方法」の違い!

「手法」は、「芸術作品などで、表現の手段として使われるもの」です。

「方法」は、「目標達成や問題解決の手段として使われるもの」です。

まとめ

まとめ

「手法」「方法」は目的が違います。

自由度の高いのが「手法」で、ビジネスには「方法」を使うと良いでしょう。