「cartoon」と「comic」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「cartoon」と「comic」の違い アニメ・マンガ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「cartoon」「comic」の違いを分かりやすく説明していきます。

「cartoon」とは?

「cartoon」の意味と使い方について紹介します。

意味

「cartoon」は、日本の「アニメ」のことです。

テレビで放映されている、キャラクターが動いてストーリーを展開する作品を意味します。

使い方

「cartoon」は、漫画のキャラクターが動いている作品、つまりアニメになります。

子供向きでカジュアルな表現であり、芸術作品に使うとやや見下した表現になります。

また、場合によってはアニメの「静止画」「イラスト」の意味として使うこともあります。

この場合、「子供向けにデフォルメ(誇張)された描き方」を表します。

因みに、日本語化している「アニメーション」は、「動画」という意味です。

「comic」+「animation」=「cartoon」になります。

但し、「アニメ」というと「日本のアニメ」という意味になります。

「comic」とは?

「comic」の意味と使い方について紹介します。

意味

「comic」「漫画、漫画本」という意味です。

雑誌も単行本も、漫画ならば「comic」になります。

使い方

「comic」は、紙に印刷された漫画作品やイラストのことを言います。

1枚紙だったり、雑誌だったり、単行本化など、漫画を印刷したものは全て「comic」と言います。

日本で「マンガ」と言うと、漫画作品そのものであったり、漫画雑誌を表すこともありますが、「comic」も同じ様に使います。

「漫画本」とはっきり言う時には「comic book」と言います。

「cartoon」と「comic」の違い!

「cartoon」は、日本の「アニメ作品」のことを言います。

「comic」は、日本の「漫画」「漫画本」のことを言います。

まとめ

「cartoon」「comic」は、作品のスタイルが全く違います。

ネイティブに対しては「アニメ」「コミック」で通じます。