スポンサーリンク

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カフェオレ」「カフェラテ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カフェオレ」とは?

「カフェオレ」とは?

「カフェオレ」は、コーヒーにミルクを入れた飲料です。

嗜好品と称される部類に入り、「コーヒー」として出されたものに自分でミルクを入れた時にはそのようには呼ばず、最初からミルクが配合されて出されてくるものがこのように呼ばれます。

ホットの場合、ミルクも適温にしたものが使われる為、それによって冷めているということはありません。

アイスで提供されることもあり、その場合には「アイスコーヒー」に自分でミルクを入れたのとそう変わるものでもありません。

「カフェラテ」とは?

「カフェラテ」とは?

「カフェラテ」も、コーヒーにミルクが入った飲料ですが、こちらはそのコーヒーに「エスプレッソ」が使われている点が違いになります。

「エスプレッソ」とは、一般的なコーヒーを作る為の「ドリップ機」ではなく、「エスプレッソ機」によって作られるコーヒーのことです。

使用する豆も異なり、コーヒーを造る場合より苦味の強いものが使用されます。

その成分を凝縮して作られ、「ドリップ機」によって作られるコーヒーよりカフェインが少ないという違いもあります。

これにミルクを足したものが「カフェラテ」で、ミルクが入っているにも関わらず、それなりの苦味があるところが飲んだ時の大きな違いです。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

「カフェオレ」「カフェラテ」の違いを、分かりやすく解説します。

このように、「カフェオレ」「カフェラテ」では、使われる「コーヒー」自体が違います。

「カフェラテ」のベースとなる「エスプレッソ」は、見た目にとても濃く見えるのが特徴ですが、単に濃いコーヒーという訳ではなく、「エスプレッソ機」によって、コーヒー豆の成分が凝縮されて作られる為にそのように見え、使われる豆から、味もその通りに濃くなっています。

まとめ

まとめ

「カフェオレ」「カフェラテ」は、このように違います。

簡単な区別では、どちらもミルクが入ったコーヒーには変わりありませんが、「カフェラテ」の方が苦いと覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物