スポンサーリンク

「ネックレス」と「ペンダント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ネックレス」と「ペンダント」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ネックレス」「ペンダント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ネックレス」とは?

「ネックレス」とは?

「ネックレス」とは、首飾りとして使われる紐状のアクセサリーで、首から提げて胸の当たりまで長さがあるものがこのように表現され、材質には色々なものが使用されます。

その紐状になっている部分が一律の形式のことが多いですが、首から提げた時にちょうど一番下になる部分に何かのアクセントがあるものも少なくありません。

例えば、そこにブランドのロゴが書かれていたり、そのようなちょっとしたものが付いているような場合がそれに当たります。

「ペンダント」とは?

「ペンダント」とは?

「ペンダント」は、先の「ネックレス」を首から提げた時、下にくる部分にポイントとなる比較的大きな物が付いているアクセサリーになります。

「ネックレス」にそれを付けることで、この「ペンダント」となる場合もあり、それと呼ばれる対象は「ペンダントトップ」と表現されます。

逆に、それが外せるものは、外してしまえば「ネックレス」となりますが、最初から外すことができない作りの「ペンダント」でしかないものも多く存在します。

ポイントとなる物については様々で、宝石類のこともあれば、特定のキャラクターやかわいいイニシャル型といったファッション性の高いものもよく見掛けます。

「ネックレス」と「ペンダント」の違い

「ネックレス」と「ペンダント」の違い

「ネックレス」「ペンダント」の違いを、分かりやすく解説します。

「ネックレス」は、全体の中でこれといったポイントのない、基本的に一律の紐状のアクセサリー(首飾り)だと考えていいでしょう。

それがある場合には、「ペンダント」と呼ぶことになります。

ですが、どちらと呼べばいいのか微妙な場合も少なくなく、下にきている部分に明らかに紐状の部分とは異なる物が付いていれば「ペンダント」、その延長上と思われる時には「ネックレス」と呼ぶといいでしょう。

まとめ

まとめ

「ネックレス」「ペンダント」は、このような違いになります。

中にはペンダントトップを外せば「ネックレス」になると最初から銘打って発売されている「ペンダント」もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物