「フラストレーション」と「ストレス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フラストレーション」と「ストレス」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フラストレーション」「ストレス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「フラストレーション」とは?

「フラストレーション」とは?

「フラストレーション」とは、満たされない欲求の表現になります。

本当はそうしたいものの、それができないといったことがあるような場合と、この「フラストレーションが溜まる」と使う言葉です。

「鬱積したもの」といった解釈をされることもあり、それも何かしらの欲求が溜まることからの意味で用いられる使い方です。

これの解消には、問題となる欲求が満たされることが一番ですが、スポーツなどによって発散するといったことも多く見られます。

「ストレス」とは?

「ストレス」とは?

「ストレス」は、緊張状態の表現です。

緊張するような場面が続くと、この「ストレスを感じる」ことになり、「プレッシャーが掛かる」ことで感じたり、覚えるものだと考えていいでしょう。

これもまた、その緊張の原因から解決できれば一番ですが、先の「フラストレーション」と同様に、運動や全く違う対象に勤しむことで発散するような場合が多いです。

例えば、バッティングセンターで思いっきりボールを打つといった行為が、この「ストレス」解消になるという人も居るでしょう。

「フラストレーション」と「ストレス」の違い

「フラストレーション」と「ストレス」の違い

「フラストレーション」「ストレス」の違いを、分かりやすく解説します。

「フラストレーション」は、満たすことができない欲求から溜まってしまうものです。

「ストレス」も、緊張から溜まるもので、似たところがある両者ですが、「ストレス」は、一時的なものも多いのに対し、「フラストレーション」は、それが鬱積してしまう場合も少なくありません。

それは、緊張は、すぐに解けることも少なくないものの、欲求は、そう簡単に満たせるというものでもないからだと考えていいでしょう。

まとめ

まとめ

「フラストレーション」「ストレス」は、このような違いになります。

鬱積することも多い「フラストレーション」の解消は、「ストレス」のそれより難しいかも知れません。