「アドイン」と「アドオン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アドイン」と「アドオン」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アドイン」「アドオン」は類似した意味合いを想起させる紛らわしい二つの言葉ですが、「アドイン」「アドオン」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「アドイン」「アドオン」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「アドイン」とは?

「アドイン」とは?

「アドイン(add-in)」というIT用語は、「ソフトウェアの中に入れ込むイメージの追加的な拡張機能」を意味しています。

「アドイン(add-in)」という英語の言葉は、“add(加える)+in(中に・内部に)”によってつくられたIT用語の造語なのです。

「アドオン」とは?

「アドオン」とは?

「アドオン(add-on)」というIT用語は、「ソフトウェアの上に載せるイメージの追加的な拡張機能」の意味を持っています。

「アドオン(add-on)」という英語の言葉は、“add(加える)+on(上に・上部に)”によってつくられたIT用語の造語です。

「アドオン」「アドイン」の同義語として、「ソフトウェアにプラグを差し込むイメージの追加的な拡張機能」を意味する「プラグイン(plug-in)」という言葉もあります。

「アドイン」と「アドオン」の違い!

「アドイン」と「アドオン」の違い!

「アドイン」「アドオン」の違いを、分かりやすく解説します。

「アドイン」「アドオン」もどちらも「ソフトウェアに追加することができる拡張機能」のことを意味していて、実質的なIT用語としての使われ方に違いはありません。

「アドイン」「アドオン」と同じ「追加の拡張機能」を意味するIT用語として、WordPressにも採用されている「プラグイン」という言葉もあります。

強いて違いを上げるとすれば、「アドイン」というのは「そのソフトウェアの内部に組み入れて機能拡張するイメージ」を持つ言葉であり、「アドオン」とは「そのソフトウェアの上に乗せて機能を追加するイメージ」を持つ言葉になります。

まとめ

まとめ

「アドイン」「アドオン」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アドイン」というIT用語は、「ソフトウェアの中に入れ込むイメージの拡張機能」を意味しています。

「アドオン」というのは、「ソフトウェアの上に載せるイメージの拡張機能」の意味を持っています。

「アドイン」「アドオン」の意味の違いを知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物