「ミーティング」と「会議」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミーティング」と「会議」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミーティング」「会議」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ミーティング」とは?

「ミーティング」とは?

「ミーティング」の意味と使い方について紹介します。

意味

「ミーティング」は、「打ち合わせや連絡の為の会合」「比較的少人数の会合」という意味です。

概要

「ミーティング」は英語の“meeting”が日本語化した言葉で、「会議」という意味出使われていますが、同じ「会議」でも“conference”とは違います。

「ミーティング」は、比較的少人数で行われ、コミュケ―ションを取ったり、目的達成に向けての進捗状況や、部署内での問題を共有する為に、定期的に行われることが多くなります。

また、部署の全員ではなく、あるチームのメンバーだけで集まることもあります。

特に決定事項などはない場合もあり、仕事に関して気軽に意見交換する場としても使われます。

「会議」とは?

「会議」とは?

「会議」の意味と使い方について紹介します。

意味

「会議」「かいぎ」と読み、「関係者が集まってある議題について話し合い、結論を出すこと」「ある事柄を評議する組織」という意味です。

概要

「会議」は、必ず議題があり、最終的に何かを決める集りのことを言います。

会議は規模で分けられることはなく、大きな会議の場合は社長や役員が出席することもあり、小さな会議では担当者レベルの事もあります。

いずれにせよ、あらかじめ議題が設定してあり、それについてそれぞれが自分の主張を述べて、最終的にどうするか結論を出す会合のことを言います。

「ミーティング」と「会議」の違い!

「ミーティング」と「会議」の違い!

「ミーティング」は、「比較的少人数で行われ、報告や打ち合わせの為に開かれることが多い会合」です。

「会議」は、「議題について意見交換が行われ、意思決定される会合」です。

まとめ

まとめ

「ミーティング」「会議」は、規模と話し合う内容が違います。

ビジネスでは混同されていることも多いので、違いを覚えておきましょう。